アンリエット・ピュイグ=ロジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンリエット・ピュイグ=ロジェ
生誕 (1910-01-09) 1910年1月9日
出身地 フランスの旗 フランスコルシカ島バスチア
死没 (1992-11-24) 1992年11月24日(82歳没)
学歴 パリ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニストオルガニスト作曲家・音楽教育者
担当楽器 ピアノ

アンリエット・ピュイグ=ロジェHenriette Puig-Roget, 1910年1月9日 コルシカ島バスチア - 1992年11月24日 パリ)はフランスピアニストオルガニスト作曲家・音楽教育者。

経歴[編集]

アンリ・ロジェ将軍の娘に生まれる。1919年パリ音楽院に進み、1926年から1930年までソフィ・シェネ、アベル・エティル、イシドール・フィリップジャン・ギャロンノエル・ギャロンモーリス・エマニュエルマルセル・デュプレらに師事し、ピアノ和声法音楽史伴奏法対位法フーガオルガンを学んで6回首席に輝く。また、シャルル・トゥルヌミール室内楽を師事する。

1933年ローマ大賞第2位となり、翌年からパリ大シナゴーグ( - 1952年)とルーヴル・オラトリオ修道会(1979年)のオルガニストに指名される。パリ・オペラ座レペティトゥールを務めるのと併行して、1935年から1975年までフランス放送協会のピアニストとしても活動を続けた。

ソリストとしてはフランス国立放送管弦楽団コロンヌ管弦楽団パリ音楽院協会管弦楽団などと共演しており、音源としては、マルカントワーヌ・シャルパンティエドラランドベルニエリュリサン=サーンスフォーレドビュッシーアレハンドロ・ガルシア・カトゥーラアマデオ・ロルダンらの作品の演奏を残している。

ラモン・ピュイグ=ヴィニャルス(Ramon Puig-Vinyals)と結婚してから、1957年よりパリ音楽院で伴奏法を指導する。1979年に退官してから来日し、東京藝術大学ピアノ科にて教鞭を執った。主要な門人に、ジルベール・アミアラン・ルヴィエダニエル・ロート藤井一興田隅靖子滑川真希坂戸真美根本雄伯ら。1988年モービル音楽賞受賞。

主要な作品に、管弦楽曲室内楽曲宗教音楽、オルガン曲『葬送行進曲』(Cortège funèbre )、『厳粛なトッカータ』(Toccata severa )、『聖週間の詠嘆』(Deploracion de la semana santa )など。日本では、子供向けの連弾曲が出版されている。

脚注[編集]