アンドロメダ座14番星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンドロメダ座14番星[1]
14 Andromedae[1]
仮符号・別名 Veritate[2]
星座 アンドロメダ座
視等級 (V) 5.22[1]
変光星型 疑いあり[3]
分類 橙色巨星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 23h 31m 17.41346s[1]
赤緯 (Dec, δ) +39° 14′ 10.3092″[1]
赤方偏移 -0.000200[1]
視線速度 (Rv) -59.99 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 286.72 /年
赤緯: -84.22 /年[1]
年周視差 (π) 12.63 ± 0.27 ミリ秒[1]
距離 258.12 ± 5.64 光年[注 1]
(79.18 ± 1.73 パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) 0.727 [注 2]
物理的性質
半径 10 - 12 R[4]
質量 2.0 - 2.3 M[4]
スペクトル分類 K0III[4]
光度 58 L[4]
表面温度 4813 ± 20 K[4]
色指数 (B-V) +1.02[5]
色指数 (U-B) +0.87[5]
金属量[Fe/H] -0.24 ± 0.03[4]
別名称
別名称
BD+38 5023, GC 32703, HD 221345, HIP 116076, HR 8930, SAO 73311, NSV 14599[1]
Template (ノート 解説) ■Project

アンドロメダ座14番星 (14 Andromedae, 14 And) は、アンドロメダ座恒星5等星太陽系外惑星が発見されている。

概要[編集]

橙色巨星で、変光星である可能性を示唆されているが、詳細はわかっていない[3]。巨星化する以前は、白色から黄白色(スペクトル型A~F)の主系列星だったと考えられている。2008年には系外惑星が発見され、進化の進んだ中間質量の恒星に惑星が発見された希少な例になった[4]

惑星系[編集]

2008年に惑星の発見が報告され、アンドロメダ座14番星bと名づけられた。惑星の質量の下限値は4.8木星質量で、軌道長半径が0.83天文単位の円軌道を186日で公転している。巨星の周囲に惑星が見つかった他の例としては、くじら座81番星やまねこ座6番星HD 167042 などが存在する。

アンドロメダ座14番星の惑星[6]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b (Spe) 5.33 ± 0.57 MJ 0.83 185.84 ± 0.23 0

名称[編集]

固有名のVeritate は、ラテン語で「真実があるところ」という意味の言葉に由来する[7]。2015年に国際天文学連合によって太陽系外惑星系の名前の公募と投票が行われた際にこの星系も対象となった。2015年12月15日、国際天文学連合より、カナダオンタリオ州サンダーベイにある天文愛好家団体「サンダーベイセンター」が提案した Veritate が選定されたことが発表された[2][7]。惑星には同じくラテン語で「希望があるところ」を意味する Spe という名前が選定されている[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j SIMBAD query result”. SIMBAD. 2009年10月23日閲覧。
  2. ^ a b IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年12月8日閲覧。
  3. ^ a b Combined General Catalogue of Variable Stars (Samus+ 2004)”. VizieR. ストラスブール天文データセンター. 2016年12月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g Sato, Bun'ei; Toyota, Eri; Omiya, Masashi; Izumiura, Hideyuki; Kambe, Eiji; Masuda, Seiji; Takeda, Yoichi; Itoh, Yoichi et al. (2008). “Planetary Companions to Evolved Intermediate-Mass Stars: 14 Andromedae, 81 Ceti, 6 Lyncis, and HD167042”. Publications of the Astronomical Society of Japan 60 (6): 1317-1326. doi:10.1093/pasj/60.6.1317. ISSN 0004-6264. 
  5. ^ a b 輝星星表第5版
  6. ^ The Extrasolar Planet Encyclopaedia — 14 And b”. Exoplanet.eu. 2016年12月8日閲覧。
  7. ^ a b c NameExoWorld”. 国際天文学連合 (2015年12月15日). 2016年12月8日閲覧。