アントニー・クノッカール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アントニー・クノッカール Football pictogram.svg
Anthony Knockaert 2018.jpg
ブライトンでのクノッカール(2018年)
名前
本名 Anthony Patrick Knockaert
ラテン文字 Anthony Knockaert
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1991-11-20) 1991年11月20日(29歳)
出身地 ルーベ
身長 170cm
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ノッティンガム・フォレストFC
ポジション MF
背番号 28
利き足 右足
ユース
2001-2004 フランスの旗 ランス
2004-2007 ベルギーの旗 ムスクロン
2007-2009 フランスの旗 Lesquin
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2012 フランスの旗 ギャンガン 59 (13)
2012-2015 イングランドの旗 レスター 93 (13)
2015-2016 ベルギーの旗 リエージュ 20 (5)
2016-2020 イングランドの旗 ブライトン 127 (25)
2019-2020 イングランドの旗 フラム (loan) 45 (3)
2020- イングランドの旗 フラム 4 (0)
2020- イングランドの旗 ノッティンガム (loan) 3 (0)
代表歴
2011-2012  フランス U-20 10 (4)
2012  フランス U-21 3 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年11月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アントニー・パトリック・クノッカールAnthony Patrick Knockaert1991年11月20日 - )は、フランスルーベ出身のプロサッカー選手ノッティンガム・フォレストFC所属。ポジションは、ミッドフィールダー。クノッカート、ノッカートなどと表記される事もある。

クラブ経歴[編集]

ギャンガン[編集]

フランス国内外のチームを渡り歩いた後、2009年夏にEAギャンガンと最初のプロ契約を結んだ[1][2]。2010年7月のクープ・ドゥ・ラ・リーグ1回戦・グルノーブル・フット38戦でトップチームデビュー[3]

レスター[編集]

2012年8月、フットボールリーグ・チャンピオンシップレスター・シティFCに移籍[4]。移籍金は250万ポンド[5]。 2012年10月のハダースフィールド・タウンFC戦でゴールまで35ヤードの距離からシュートを決め移籍後初ゴールを挙げた[6]。後にこのゴールはリーグのシーズンベストゴールに選出された[7]。2012–13シーズンの昇格プレーオフ準決勝2ndレグ・ワトフォードFCで、後半ロスタイムに自ら得たPKを失敗、そのままカウンターを受け最後はトロイ・ディーニーにゴールを奪われプレーオフ敗退が決まった[8]。2013-14シーズンはレギュラーとして出場しチャンピオンシップ優勝とプレミアリーグ昇格に貢献するも、2014-15シーズンは一転してポジション確保に苦しみ、シーズン終了後にレスターを退団した。

リエージュ[編集]

2015年6月、スタンダール・リエージュにフリーで加入[9][10]

ブライトン[編集]

2016年1月、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCに移籍[11]。2016–17シーズンはチャンピオンシップに降格したニューカッスル・ユナイテッドFCからオファーを受けたが残留を選んだ[12]。シーズンを通じて好調を維持し、40試合で13ゴールを挙げクラブのプレミアリーグ初昇格に大きく貢献、自身もリーグ年間MVPに選出された[13]

フラム[編集]

2020年7月8日、レンタルで加入していた、フラムに完全移籍。

代表歴[編集]

年代別フランス代表歴がある[14][15]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

レスター

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Entretien avec... Anthony Knockaert : " Un intérêt de Newcastle, c’est sûr que c’est flatteur "” (French). Foot Mercato. (2012年1月22日). http://www.footmercato.net/ligue2/entretien-avec-anthony-knockaert-un-interet-de-newcastle-c-est-sur-que-c-est-flatteur_79192 2016年12月6日閲覧。 
  2. ^ “Anthony Knockaert signe à Guingamp” (French). ESPOIRSDUFOOTBALL.COM. (2009年4月7日). https://www.espoirsdufootball.com/anthony-knockaert-signe-a-guingamp-1755 2016年12月6日閲覧。 
  3. ^ “Grenoble et Le Mans à la trappe” (French). L'Equipe. (2010年7月30日). http://www.lequipe.fr/Football/Actualites/Grenoble-et-le-mans-a-la-trappe/127132 2016年12月6日閲覧。 
  4. ^ Terms Agreed for Knockaert”. Leicester City F.C (2012年8月1日). 2012年10月5日閲覧。
  5. ^ “10 facts on new Leicester City star Anthony Knockaert”. Leicester Mercury. (2012年10月4日). http://www.leicestermercury.co.uk/10-facts-new-leicester-city-star-anthony/story-17027669-detail/story.html 2016年12月6日閲覧。 
  6. ^ Huddersfield Town 0 – 2 Leicester”. BBC (2012年10月2日). 2012年10月2日閲覧。
  7. ^ Morgan Named Double Player of the Year”. Leicester City F.C. (2014年4月29日). 2016年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月7日閲覧。
  8. ^ Sims, Andy (2013年5月13日). “Championship play-offs: Anthony Knockaert 'distraught' after penalty miss for Leicester”. The Independent (London). http://www.independent.co.uk/sport/football/football-league/championship-playoffs-anthony-knockaert-distraught-after-penalty-miss-for-leicester-8613610.html 
  9. ^ Anthony KNOCKAERT chez les Rouches !”. Standard Liege (2015年6月4日). 2015年6月4日閲覧。
  10. ^ “Knockaert linked with Standard Liège switch”. The Independent. (2015年5月7日). http://www.independent.co.uk/sport/football/transfers/leicester-city-transfer-news-anthony-knockaert-linked-with-standard-li-ge-switch-10229876.html 2016年12月7日閲覧。 
  11. ^ Knockaert completes Albion move”. Brighton & Hove Albion F.C.. 2016年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年1月7日閲覧。
  12. ^ “Brighton and Hove Albion knock back Newcastle bid for winger Anthony Knockaert”. The Argus. (2016年7月29日). http://www.theargus.co.uk/sport/14649676.Albion_knock_back_Newcastle_bid_for_winger/ 2016年12月7日閲覧。 
  13. ^ “Brighton's Anthony Knockaert is named Championship Player of the Year” (英語). BBC Sport. (2017年4月9日). http://www.bbc.co.uk/sport/football/39548007 2017年4月14日閲覧。 
  14. ^ France Call-Up For Knockaert”. Leicester City F.C. (2012年8月13日). 2016年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月6日閲覧。
  15. ^ “Espoirs : La liste pour la Slovaquie et le Chili” (French). Football 365. (2012年8月29日). http://www.football365.fr/espoirs-la-liste-pour-la-slovaquie-et-le-chili-1888681.html 2016年12月6日閲覧。 
  16. ^ “Brighton's Anthony Knockaert is named Championship Player of the Year” (英語). BBC Sport. (2017年4月9日). http://www.bbc.co.uk/sport/football/39548007 2017年4月14日閲覧。 

外部リンク[編集]