アルメナラの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アルメナラの戦い
Derrota-i-humillacion borbonica-en-almenar-27-7-1710-cataluña.jpg
戦争スペイン継承戦争
年月日1710年7月27日
場所スペイン王国バラゲー近くのアルメナラ英語版の山
結果カール大公の勝利
交戦勢力
スペイン スペイン・ブルボン家 ハプスブルク君主国の旗 神聖ローマ帝国
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国
ネーデルラント連邦共和国の旗 ネーデルラント連邦共和国
指導者・指揮官
スペイン ビリャダリアス侯爵英語版 ハプスブルク君主国の旗 グイード・フォン・シュターレンベルク
グレートブリテン王国の旗 スタンホープ卿
戦力
22,000[1] 24,000[1]
損害
戦死1,000
捕虜3,000
戦死400

アルメナラの戦い(アルメナラのたたかい、スペイン語: Batalla de Almenar)は、スペイン継承戦争中の1710年7月27日フェリペ5世カール大公の軍勢の間の戦闘。フェリペ5世の軍が敗れ、カタルーニャから撤退してエブロ川の後ろでの再集結を余儀なくされた。

背景[編集]

オーストリア出身の指揮官グイード・フォン・シュターレンベルク

1710年のスペイン戦役は5月15日にフェリペ5世と第2代ビリャダリアス侯爵フランシスコ・カスティージョ・ファハルド英語版率いるスペイン・ブルボン家の軍勢がバラゲーを攻撃したことで始まった[2]。神聖ローマ帝国のグイード・フォン・シュターレンベルク将軍はカタルーニャにおける連合軍を指揮していたが、彼はイギリスの派遣軍の士官の活躍によりスペイン軍のセグラ川の阻止に成功した[3]。6月、フェリペ5世は増援を受け、歩兵2万と騎兵6千で再度バラゲーを攻めた[3]

7月、シュターレンベルクは援軍を受け、攻撃を仕掛けることを決めた。彼はノグエラ川英語版を渡り、アルメナラ英語版の山上で布陣した。続いてスタンホープがレリダ(Lerida)の北のバラゲーでセグラ川を渡り、アルファラス英語版の橋(Alfarras)へ進軍して7月27日に橋を渡った。

戦闘[編集]

ビリャダリアスが騎兵突撃を命じたことで戦闘が開始した。突撃は成功したが、敗走する兵士の追撃に急いだことで勢いが減じた。続いてイギリス歩兵がブルボン軍左翼を攻撃して戦列の2列目まで敗走させた。ここでオーストリア軍も攻撃を開始してブルボン軍右翼を撃滅、フェリペ5世は命からがら逃げ、間一髪のところで捕虜にならずに済んだ。

その後[編集]

フェリペ5世はカタルーニャから撤退してアラゴン王国の首都サラゴサへの撤退を余儀なくされた。この敗戦でカスティーリャ出身のビリャダリアス侯爵は罷免され、フェリペ5世は代わりにフランス出身のベイ侯爵アレクサンドル・メートル英語版を任命した[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b Lynn, p. 339.
  2. ^ Cust, p. 114.
  3. ^ a b Stanhope, p. 297.
  4. ^ Cust, p. 115.

参考文献[編集]

  • Cust, Edward (Sir). Annals of the wars of the eighteenth century: compiled from the most authentic histories of the period, Volume 1. London, Mitchell's military library (1858).
  • Lynn, John A. The Wars of Louis XIV, 1667–1714. Longman, (1999). ISBN 0-582-05629-2
  • Stanhope, Philip Henry. History of the War of the Succession in Spain. London, John Murray (1832).

座標: 北緯41度47分45秒 東経0度34分08秒 / 北緯41.79583度 東経0.56889度 / 41.79583; 0.56889