1707年5月2日の海戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1707年5月2日の海戦
Attaque d'une Escadre Angloise dans la Manche.jpg
1707年5月2日の海戦、国立海事博物館英語版所蔵。
戦争スペイン継承戦争
年月日1707年5月2日
場所グレートブリテン王国ビーチー岬
結果:フランスの勝利
交戦勢力
フランス王国の旗 フランス王国 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国
指導者・指揮官
フランス王国の旗 クロード・ド・フォルバン英語版 グレートブリテン王国の旗 バロン・ワイルド准将(Baron Wylde
戦力
戦列艦7隻
私掠船6隻
戦列艦3隻
商船52隻
損害
軽微 戦列艦2隻拿捕
商船21隻拿捕[1]

1707年5月2日の海戦英語: Action of 2 May 1707)は、スペイン継承戦争中に起きた海戦。クロード・ド・フォルバン英語版率いるフランス艦隊がバロン・ワイルド准将率いる戦列艦3隻に護衛された商船団に遭遇、勝利した戦闘。

戦闘[編集]

5月1日、戦列艦3隻で護衛されたイギリスの商船隊がザ・ダウンズ英語版から出港した。クロード・ド・フォルバン率いるフランス艦隊もダンケルクより出発していたが、商船隊はその艦隊に遭遇した。フランス艦隊は戦列艦7隻と私掠船6隻だった[2]。戦闘はフランス艦隊の戦列艦グリフォン(Griffon)、ブラッコアル(Blackoal)、ラ・ドーファン(La Dauphine)がハンプトン・コート英語版に攻撃したことで開始、ハンプトン・コート艦長のジョージ・クレメンス(George Clements)が戦死した。ワイルド准将は大型の商船5隻を戦列に入らせ、勇敢にもフランス艦の攻撃に立ち向かった[3]。その後、2時間半もの間、両軍の激しい応酬となり、ハンプトン・コートは必死に戦ったがやがて降伏せざるを得なかった[1]。ラ・ドーファンは続いてグラフトン英語版に激しく攻撃、フランス艦ブラッコアルとフィデレ(Fidele)も攻撃に加わると、グラフトンは半時間後に拿捕された[3]。フィルバンの60門艦マルス(Mars)はワイルド准将のロイヤル・オーク英語版に攻撃した。ロイヤル・オークは浸水し、水の高さが11フィートにまでなったが、大損害を出しながら座礁させて逃走することに成功、ロイヤル・オークはそこからザ・ダウンズに移動された[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Allen, p. 101.
  2. ^ Troude, p. 259.
  3. ^ a b Haws/Hurst, p. 347.

参考文献[編集]

  • Haws, Duncan; Hurst, Alexander Anthony (1985). The Maritime History of the World: A Chronological Survey of Maritime Events from 5,000 B.C. Until the Present Day. Vol I. ISBN 978-0-903662-10-9.
  • Allen, Joseph. Battles of the British Navy: from A.D. 1000 to 1840 Bell & Daldy publishing, ASIN B00087UD9S
  • (フランス語) Troude, O. Batailles navales de la France, Vol. I.

座標: 北緯50度44分20.29秒 東経0度14分31.58秒 / 北緯50.7389694度 東経0.2421056度 / 50.7389694; 0.2421056