ナッソー襲撃 (1703年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナッソー襲撃
NewProvidenceIsland1803.jpg
ニュープロビデンス島周辺の地図、1803年作。
戦争スペイン継承戦争
年月日1703年10月
場所ニュープロビデンス島
結果:フランスとスペインの勝利
交戦勢力
フランス王国の旗 フランス王国
スペイン スペイン王国
イングランド王国の旗 イングランド王国
指導者・指揮官
スペイン ブラス・モレノ・デ・モンドラゴン(Blas Moreno de Mondragón
フランス王国の旗 クロード・ル・シェネー(Claude Le Chesnaye
イングランド王国の旗 エリス・ライトウッド(Ellis Lightwood(捕虜)
戦力
フリゲート2隻
300-400人
300人
損害
平民100人

ナッソー襲撃(ナッソーしゅうげき、英語: Raid on Nassau)はスペイン継承戦争中の1703年10月に行われた、フランスとスペインの私人によるニュープロビデンス島への襲撃。襲撃はフランスとスペインの勝利に終わり、ナッソーが短期間占領された後に破壊された[1][2]。ブラス・モレノ・デ・モンドラゴンとクロード・ル・シェネー率いるこの襲撃は英領バハマの首都ナッソーへの攻撃に集中、その占領はすぐに成功した[3]。ナッソーは略奪された後、火が放たれた[2][3][4]。ナッソーの要塞は解体され、イングランドのナッソー総督とイングランド兵は全員捕虜になった[1]。翌年に就任した総督サー・エドワード・バーチ(Edward Birch)はほぼ廃墟と化したナッソーに取り乱し、数か月後に「委任状を開けることなく」帰国した[2][5]

襲撃[編集]

サンティアーゴ・デ・クーバサン=ドマング植民地の首脳部はナッソーを目の上のたん瘤と見なし、1703年10月にスペイン兵士とフランスのバッカニア英語版フリゲート2隻に乗せてナッソーへ派遣した[1]。彼らはナッソーで100人以上を殺害、80から100人を捕虜にし、大砲22門を鹵獲、要塞を破壊した後、捕虜と拿捕した船13隻を戦利品としてサンティアーゴ・デ・クーバへ連れて戻った[2]。捕虜にはナッソー総督のエリス・ライトウッドも含まれた[1][2]

その後[編集]

イングランド人住民は危険が去るまで森に隠れたが、いざ戻ると島全体が廃墟と化したため、ほかの集落へ移住した。イングランドはニュープロビデンス島での出来事を顧みず、襲撃について全く知らなかった。ナッソー総督の後任としてエドワード・バーチが任命されたが、彼がナッソーに到着したときにはそれが放棄された後であったため、彼は委任状を開けることなく帰国せざるを得なかった[5]

襲撃は1706年に再度行われ、その結果としてニュープロビデンス島に残ったのは間に合わせの家に住む27世帯のみとなった。500人に満たない住民はその後も襲撃に悩まされ、貿易も減少、イングランドからの後任の総督やほかの援助もなかった。バーチは住民が「裸を遮蔽する服」もないのを見ると、委任状も開けずに去った[4][6]

1686年にバハマに着て植民地政府に就職したジョン・グレイブズ(John Graves)は1706年にニュープロビデンス島の残り少ない生還者が「小さな家に住み、襲撃されたら森で身を守る」と記述した[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Marley (2005), p. 7.
  2. ^ a b c d e Marley (1998), p. 226.
  3. ^ a b Albury, p. 55.
  4. ^ a b c Craton & Saunders, p. 103.
  5. ^ a b Sale, Psalmanazar & Bower, p. 290.
  6. ^ Oldmixon, p. 21.

参考文献[編集]

  • Oldmixon, John (1966). The History of the Isle of Providence. Providence Press. 
  • Albury, Paul (1976). The Story of the Bahamas. St. Martins Press. ISBN 0312762658. 
  • Marley, F. David (2005). “Bahamas”. Historic Cities of the Americas: An Illustrated Encyclopedia. Vol. 1: The Caribbean, Mexico, and Central America. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. pp. 3–15. ISBN 1576070271. https://books.google.com/books?isbn=1576070271 2017年1月9日閲覧。. 
  • Craton,, Michael; Saunders, Gail (1999). Islanders in the Stream: A History of the Bahamian People. Vol. 1: From Aboriginal Times to the End of Slavery. Athens, GA: University of Georgia Press. ISBN 0820321222. 
  • Marley, F. David (1998). Wars of the Americas: A Chronology of Armed Conflict in the New World, 1492 to the Present. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. ISBN 0874368375. 
  • Sale, George; Psalmanazar, George; Bower, Archibald (1747). “Millar”. The Modern Part of A Universal History, From the Earliest. Vol. 36. ISBN 0874368375. 
  • Baker, P. (2001). Bahamas, Turks & Caicos. Lonely Planet Publishing. ISBN 1864501995. 

座標: 北緯25度03分36秒 西経77度20分42秒 / 北緯25.06度 西経77.345度 / 25.06; -77.345