アルマンド・マンサネーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルマンド・マンサネーロ
Manzanero cine.jpg
基本情報
出生名 Armando Manzanero Canché
生誕 (1935-12-07) 1935年12月7日(83歳)
メキシコの旗 メキシコ メリダ
出身地 メキシコの旗 メキシコ
ジャンル ラテン音楽
職業 作曲家歌手
担当楽器 ピアノ
活動期間 1950 - 現在
レーベル RCA Victor
公式サイト http://www.armandomanzanero.com.mx/

アルマンド・マンサネーロ(Armando Manzanero, 1935年12月7日 - )は、メキシコ出身のポピュラー音楽作曲家歌手。「アドロ」の作曲家として有名である。

略歴[編集]

1935年12月7日に、メキシコのユカタン州メリダに生まれる。先住民のマヤ人の子孫としているサイトもある[1]

1950年に、自作の曲の "Nunca en el mundo" (意味:この世に何もない)を発表するが、この曲は様々な言語による21種類の歌詞がつけられるほど、後に注目を集めることとなる。そのころより、ピアニストとしての仕事につく。1957年CBSインターナショナルのメキシコ支部の音楽担当のマネージャーに就く。1958年、ラテン音楽の有名アーティストの伴奏ピアニストとしての活動を始める。1959年に、"Mi Primera Grabación" (意味:私の初のレコード録音)という名での初のレコードをリリースする。また、歌手としての活動にも注目も集まる。

1965年の、アメリカ合衆国マイアミのフェスティバル・デ・ラ・カンシォン(Festival de la Canción)で、"Cuando Estoy Contigo" (意味:二人でいるとき)で第一位をとる。1967年に、""Adoro" (アドロ)を発表するが、この曲は、日本では、グラシェラ・スサーナの歌として有名になり、イージーリスニングの曲としても有名である。

1970年に、"Somos novios" (意味:私たちは新婚) がシド・ウェイン (Sid Wayne)によって英語の歌詞がつけられ、"It's impossible" として、エルビス・プレスリー (Elvis Plesley)) ら有名アーティストがカヴァーするが、ペリー・コモ (Perry Como) の歌唱が、グラミー賞にノミネートされる。別のアメリカ人作曲家によって、アルマンド・マンサネーロの方が、著作権を侵害したとして訴えられ、アメリカ国内での民事裁判の評決は、マンサネーロの側に著作権料を返還する義務を負わせた。この曲は、アルマンド・マンサネーロが作曲したものであり、民事訴訟の判決が誤りであると、後に認定されている。

1978年に、スペインのマジョルカ音楽祭において、"Señor Amor" で第一位を勝ち得る。通算して、400以上の曲を作曲している。これらの曲について、自作自演も注目が集められるものの、フランク・シナトラ (Frank Sinatra)ら超大物歌手も含め、多くの歌手によるカヴァーにも人気を集めている。

有名な作品[編集]

  • アドロ Adoro
  • 私たちは恋人同士 Somos Novios
  • あなたから学んだ Contigo aprendí
  • 雨のつぶやき Esta tarde vi llover
  • 明かりを消そう Voy a apagar a luz

脚注[編集]

  1. ^ Armando Manzanero - Wikipedia
    Armando Manzanero Canché (born in Mérida, Mexico on December 7, 1935) is a Mexican musician and composer of Maya descent

外部サイト[編集]