アルトゥール・キシェンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルトゥール・キシェンコ
基本情報
本名 アルトゥール・キシェンコ
通称 美しき死神
階級 ミドル級K-1
国籍 ウクライナの旗 ウクライナ
誕生日 1986年11月14日(27歳)
出身地 ウクライナの旗 ウクライナ
身長 180cm[1]
体重 70kg
スタイル

ムエタイ

ボクシング
テンプレートを表示

アルトゥール・キシェンコArtur Kyshenko、男性、1986年11月14日 - )は、ウクライナ出身のキックボクサー。キャプテン・オデッサ→マイクスジム所属。

相手に地獄の苦しみを与えるボディブローと、モデルのような端正なルックスから美しき死神と呼ばれる。

来歴[編集]

極貧の家庭に生まれた。父親は蒸発、家族を養うために11歳からボクシング、12歳からムエタイを始める。

2006年3月10日、19歳でK-1 WORLD MAX リトアニア大会の東欧地区予選で優勝。

2006年6月30日、K-1 WORLD MAX 2006 〜世界一決定トーナメント決勝戦〜のリザーブファイトで日本デビュー。オランダ大会の西欧地区予選で優勝したライアン・シムソンと対戦し判定勝ち。谷川貞治K-1イベントプロデューサーは「来年はベスト8に入る」と期待のコメントを寄せた[2]

2006年9月4日、K-1 WORLD MAX 2006 〜世界王者対抗戦〜でHAYATOと対戦し、延長判定負け。試合後、「勝ったと思っています。3Rですべてカタをつけるということで練習していたので、延長に入ったことは驚きました」とコメントした[3]

2007年6月28日、K-1 WORLD MAX 2007 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜のトーナメント1回戦でイ・スファンと対戦し、左右のコンビネーションからの左フックでKO勝ち。約1か月後の7月21日、K-1 FIGHTING NETWORK KHAN 2007 〜世界対抗戦〜では、地元韓国で同胞のリベンジを図ったイム・チビンにTKOで返り討ちにした。

2007年10月3日、K-1 WORLD MAX 2007 〜世界一決定トーナメント決勝戦〜の準々決勝ではマイク・ザンビディスに延長の末判定勝利を収め、準決勝で魔裟斗と対戦。右ストレートを決め魔裟斗をグラつかせる場面を作るも、右ガードの下がった所に左フックを貰いKO負け。ベスト4に終わった。

2008年2月2日、K-1 WORLD MAX 2008のスーパーファイトで我龍真吾と対戦し、左フックで3度ダウンを奪いKO勝ち。

2008年4月9日、K-1 WORLD MAX 2008 FINAL16のトーナメント1回戦でジョーダン・タイと対戦。2Rに右フックでダウンを奪われるも、延長まで持ち込み判定勝ち。

2008年7月7日、K-1 WORLD MAX 2008 FINAL8のトーナメント準々決勝で城戸康裕と対戦し、判定勝ち。

2008年10月1日、K-1 WORLD MAX 2008 FINALのトーナメント準決勝でアンディ・サワーと対戦し、延長R判定勝ち。決勝では魔裟斗と対戦、2Rに右フックでダウンを奪ったが、当時は「優勢選手に必ず10ポイントを付ける」というルールがあったにもかかわらず、9ポイントしか付かなかったため[4]、判定負け。準優勝となった。

2008年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜佐藤嘉洋と対戦し、2-0の判定勝ちを収めた。

2009年4月21日、K-1 WORLD MAX 2009 FINAL16のトーナメント1回戦でアルビアール・リマと対戦し、1Rに3ダウンを奪いKO勝ちを収めた。

2009年7月13日、K-1 WORLD MAX 2009 FINAL8のトーナメント準々決勝でアンディ・サワーと再戦し、一進一退の攻防を繰り広げ延長まで縺れ込むも判定負け。

2010年5月29日、IT'S SHOWTIME世界70kg級王者ムラット・ディレッキーとノンタイトルマッチで対戦し、判定勝ち[5]

2010年7月31日、RISE 68のメインイベントで日菜太と対戦し、三日月蹴りでKO負け[6]

2010年10月3日、K-1 WORLD MAX 2010 FINAL16モハメド・カマルと対戦し、0-3の判定負けを喫した[7]

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
61試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
49 25 22 0 1 1
10 3
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ジョルジオ・ペトロシアン 3R終了 判定0-3 Fight Code 2012年3月24日
ロベルト・コッコ 3R終了 判定3-0 Thai Boxe Mania 2012年2月5日
ヨードセングライ・フェアテックス 3R終了 判定3-0 Rumble of the Kings 2011 2011年11月26日
× ロビン・ファン・ロスマレン 1R 2:20 KO(左フック) It's Showtime "Fast & Furious 70 MAX"トーナメント
【決勝】
2011年9月24日
アンディ・サワー 3R終了 判定5-0 It's Showtime "Fast & Furious 70 MAX"トーナメント
【準決勝】
2011年9月24日
ドラゴ 3R 1:03 TKO(レフリーストップ) It's Showtime "Fast & Furious 70 MAX"トーナメント
【準々決勝】
2011年9月24日
ニキー・ホルツケン 3R終了 判定3-0 United Glory - 2010-2011 World Series Finals 2011年5月28日
ドラゴ 3R終了 判定5-0 It's Showtime 2011年3月6日
マーカス・エバーグ 3R終了 判定 K-1 Scandinavia Rumble of the Kings 2010 2010年11月27日
× モハメド・カマル 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2010 IN SEOUL -70kg World Championship Tournament FINAL16
【1回戦】
2010年10月3日
× 日菜太 3R 1:23 KO(左三日月蹴り) RISE 68 2010年7月31日
ムラット・ディレッキー 3R終了 判定4-1 It's Showtime 2010 Amsterdam 2010年5月29日
ウラジミール・モラフチク 2R 2:43 KO(右ハイキック) K-1 ColliZion 2009 Final Tournament
【スーパーファイト】
2009年12月12日
アッベ・ヨーフ 3R終了 判定3-0 K-1 Rumble of the Kings 2009 in Stockholm 2009年11月20日
トゥファン・"ストーム"・サラフズン 3R 1:50 KO(左跳び膝蹴り) K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL 2009年10月26日
× アンディ・サワー 3R+延長R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL8
【準々決勝】
2009年7月13日
アルビアール・リマ 1R 2:56 KO(3ノックダウン:左フック) K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL16
【1回戦】
2009年4月21日
佐藤嘉洋 3R終了 判定2-0 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 2008年12月31日
ヴァディム・クローミー 2R KO(キック) K-1 WORLD GP 2008 IN RIGA
【スーパーファイト】
2008年11月22日
× 魔裟斗 3R+延長R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL
【決勝】
2008年10月1日
アンディ・サワー 3R+延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL
【準決勝】
2008年10月1日
城戸康裕 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL8
【準々決勝】
2008年7月7日
ジョーダン・タイ 3R+延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL16
【1回戦】
2008年4月9日
我龍真吾 1R 3:00 KO(3ノックダウン:左フック) K-1 WORLD MAX 2008 〜日本代表決定トーナメント〜 2008年2月2日
ディアス・カセノフ 5R終了 判定 WMC-IFMA World Muay Thai Championships 2007年12月5日
アレックス・シュミット 5R終了 判定 WMC-IFMA World Muay Thai Championships 2007年12月2日
シャムシ・ジャデール 2R TKO(レフェリーストップ) WMC-IFMA World Muay Thai Championships 2007年11月27日
× 魔裟斗 2R 0:41 KO(左フック) K-1 WORLD MAX 2007 〜世界一決定トーナメント決勝戦〜
【準決勝】
2007年10月3日
マイク・ザンビディス 延長R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2007 〜世界一決定トーナメント決勝戦〜
【準々決勝】
2007年10月3日
イム・チビン 2R 1:04 TKO(3ノックダウン:右ローキック) K-1 FIGHTING NETWORK KHAN 2007 〜世界対抗戦〜 2007年7月21日
イ・スファン 3R 1:26 KO(左フック) K-1 WORLD MAX 2007 〜世界一決定トーナメント開幕戦〜
【1回戦】
2007年6月28日
サンドリス・トムソン 1R TKO(3ノックダウン) K-1 EUROPE MAX 2007 GP 2007年3月17日
× ミハイル・チャリーク 延長R終了 判定1-2 WKBF World title (76kg) Semi-finals 2006年12月20日
× HAYATO 延長R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2006 〜世界王者対抗戦〜 2006年9月4日
ライアン・シムソン 3R終了 判定2-0 K-1 WORLD MAX 2006 〜世界一決定トーナメント決勝戦〜
【リザーブファイト】
2006年6月30日
カリム・ベゾウフ 不戦勝 IFMA World Muay Thai Championships 2006年6月7日
モハメド・ラホーイ 3R TKO IFMA World Muay Thai Championships 2006年6月5日
ディアス・カセノフ 4R TKO(ローキック) IFMA World Muay Thai Championships 2006年6月3日
コンスタンチン・トゥトゥ 2R KO(パンチ) IFMA World Muay Thai Championships 2006年6月2日
イブラヒム・タマザエフ ノーコンテスト(頭突き) WBKF European title @ Club "Arbat" 2006年5月10日
オレクサンドル・メドベデフ 不明 11th Ukrainian Muay Thai championships 2006年4月2日
アレクサンダー・デムチェンコ 3R TKO Fight Club Arbat 2006年3月29日
マウリス・ブジンスカ 1R 1:42 TKO(タオル投入) K-1 EAST EUROPE MAX 2006
【決勝】
2006年3月10日
ユーリ・ブラッド 3R 1:16 TKO(ドクターストップ) K-1 EAST EUROPE MAX 2006
【準決勝】
2006年3月10日
エジディウス・ブランディサウス 1R 2:20 KO(ボディブロー) K-1 EAST EUROPE MAX 2006
【1回戦】
2006年3月10日
デニス・ラエフスキー 3R終了 判定ドロー Ukraine vs Belarus 2005年12月9日
ディミトリー・キルパン 不明 10th Ukrainian Muay Thai championships 2005年4月3日
アレン・オフォイオー 3R終了 判定3-0 Ukraine vs Kyrgyz @ Club Arbat 2004年2月11日

獲得タイトル[編集]

  • ファイティングアート2004 世界チャンピオン
  • アマチュアムエタイ ヨーロッパ チャンピオン
  • ウクライナ ムエタイチャンピオンシップ 準優勝
  • K-1 WORLD MAX 2006 リトアニア大会 東欧トーナメント 優勝
  • K-1 WORLD MAX 2008 世界一決定トーナメント 準優勝

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]