K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
K-1 WORLD MAX 2009
World Championship Tournament FINAL8
イベント詳細
シリーズ K-1 WORLD MAX
主催 FEG
開催年月日 2009年7月13日
開催地 日本の旗 日本
東京都千代田区
会場 日本武道館
試合数 全12試合
入場者数 16,555人[1]

K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL8は、K-1 WORLD MAXの大会の一つ。2009年7月13日日本武道館で開催された。

大会概要[編集]

ベスト4進出をかけてトーナメント2回戦が行われた。山本優弥ジョルジオ・ペトロシアンブアカーオ・ポー.プラムックアンディ・サワーがベスト4進出を決めた。

年内での引退を発表している魔裟斗は、総合格闘家川尻達也と対戦し、TKO勝ちを収めた。4年2か月ぶりのK-1参戦となった山本"KID"徳郁チョン・ジェヒにKO負けを喫した。

試合結果[編集]

オープニングファイト(K-1ルール・3分3R)
大韓民国の旗 ノ・ジェギル vs. 日本の旗 横山剛 ×
3R 2:01 KO(右ストレート)
第1試合 スーパーファイト・70kg契約(K-1ルール・3分3R延長1R)
アラブ首長国連邦の旗 ジャバル"チンギスハン"アスケロフ vs. 日本の旗 日菜太 ×
延長R終了 判定3-0(10-9、10-9、10-8)
3R終了 判定0-1(29-30、30-30、29-29)
第2試合 スーパーファイト・62kg契約(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 HIROYA vs. アメリカ合衆国の旗 キコ・ロペス ×
3R終了 判定3-0(29-27、29-27、29-27)
第3試合 World Championship Tournament FINAL8(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 山本優弥 vs. アルメニアの旗 ドラゴ ×
3R終了 判定3-0(30-28、30-29、30-29)
第4試合 World Championship Tournament FINAL8(K-1ルール・3分3R延長1R)
イタリアの旗 ジョルジオ・ペトロシアン vs. オランダの旗 アルバート・クラウス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-28、30-29)
第5試合 World Championship Tournament FINAL8(K-1ルール・3分3R延長1R)
オランダの旗 アンディ・サワー vs. ウクライナの旗 アルトゥール・キシェンコ ×
延長R終了 判定3-0(10-9、10-9、10-9)
3R終了 判定0-0(30-30、30-30、30-30)
第6試合 World Championship Tournament FINAL8(K-1ルール・3分3R延長1R)
タイ王国の旗 ブアカーオ・ポー.プラムック vs. オランダの旗 ニキー"ザ・ナチュラル"ホルツケン ×
3R終了 判定3-0(30-28、30-28、30-28)
第7試合 スーパーファイト・62kg契約(K-1ルール・3分3R延長1R)
大韓民国の旗 チョン・ジェヒ vs. 日本の旗 山本"KID"徳郁 ×
1R 1:20 KO(右アッパー→左フック)
第8試合 スーパーファイト・60kg契約(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 渡辺一久 vs. 日本の旗 山本篤 ×
1R 2:40 KO(右ストレート)
第9試合 World Championship Tournament リザーブファイト(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 城戸康裕 vs. オランダの旗 リーロイ・ケスナー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第10試合 World Championship Tournament リザーブファイト(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 佐藤嘉洋 vs. オランダの旗 ユーリ・メス ×
延長R終了 判定2-1(10-9、10-9、9-10)
3R終了 判定0-0(30-30、30-30、30-30)
第11試合 スーパーファイト(K-1ルール・3分3R延長1R)
日本の旗 魔裟斗 vs. 日本の旗 川尻達也 ×
2R 1:43 TKO(タオル投入)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]