アリーン・テリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アリーン・テリー
Aline Terry
Tennis pictogram.svg
Aline Terry.jpg
アリーン・テリー
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ニュージャージー州プリンストン
生年月日 不明
没年月日 不明
利き手
4大大会最高成績・シングルス
全米 優勝(1893)
優勝回数 1(米1)
4大大会最高成績・ダブルス
全米 優勝(1893)
優勝回数 1(米1)

アリーン・テリーAline Terry)は、アメリカニュージャージー州プリンストン出身の女子テニス選手。黎明期の全米選手権(現在の全米オープンテニス)で活躍し、1893年に女子シングルス・女子ダブルスで単複2冠を獲得した選手である。彼女は生没年月日とも不明の人物で、全米選手権でプレーした時の年齢さえも分からないことから、テニス・ジャーナリストのバド・コリンズはテリーのことを「全米選手権の謎の女性」と呼んだ。同年代のライバル選手だったジュリエット・アトキンソンは、テリーのプレーを「猫のようにしなやかで、虎のようにボールに飛びかかった」と評した。

来歴[編集]

現在は「全米オープン」として知られるテニス競技大会は、1881年から男子シングルスと男子ダブルスが始まり、女子シングルスはそれから6年後の1887年に第1回の競技大会が行われた。女子ダブルスは、1889年から正式競技に加えられた。初期のウィンブルドン選手権と同じく、全米選手権も「チャレンジ・ラウンド」(挑戦者決定戦)から「オールカマーズ・ファイナル」(大会前年優勝者とチャレンジ・ラウンド勝者で優勝を争う)への流れで優勝者を決定した。アリーン・テリーは1893年に、第7回の女子シングルスと第5回の女子ダブルスで優勝し、単複2冠を獲得している。女子シングルスの「チャレンジ・ラウンド」決勝で、テリーはオーガスタ・シュルツを 6-1, 6-3 で破り、大会前年優勝者マーベル・カーヒルへの挑戦権を得たが、カーヒルはこの大会に出場しなかったため、1893年のオールカマーズ・ファイナルは行われず、ここでテリーの初優勝が決まった。オールカマーズ・ファイナル方式の場合、自動的に決勝に進出できる前年優勝者が出場しなかったときは、優勝記録表にはチャレンジ・ラウンド優勝者と準優勝者の名前が記載される。したがって、1893年の全米選手権女子シングルス優勝記録にはテリーとシュルツの名前を記載する。女子ダブルスでは、テリーはハリエット・バトラーとペアを組んで優勝した。

しかし、テリーは1894年の全米選手権で単複ともタイトルを失う。女子シングルスの「オールカマーズ・ファイナル」で、テリーは「チャレンジ・ラウンド」勝者のヘレン・ヘルウィッグ1874年 - 1960年)に 5-7, 6-3, 0-6, 6-3, 3-6 の5セット・マッチで敗れた。全米選手権女子シングルスのオールカマーズ・ファイナルは、1891年から1901年まで最大5セット・マッチで実施された。テリーの全米選手権出場は、1893年1894年の2度だけである。冒頭で述べたように、彼女は選手権参加時の年齢さえも分からず、引退後は消息が途絶えてしまった。

参考文献[編集]