キャスリーン・アトキンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キャスリーン・アトキンソン
Kathleen Atkinson
Tennis pictogram.svg
基本情報
フルネーム Kathleen Gill Atkinson
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ニュージャージー州ラーウェイ
生年月日 (1875-11-05) 1875年11月5日
没年月日 (1957-04-30) 1957年4月30日(81歳没)
死没地 同・ニュージャージー州メープルウッド
利き手
4大大会最高成績・シングルス
全米 ベスト4(1895・97)
4大大会最高成績・ダブルス
全米 優勝(1897・98)
優勝回数 2(米2)

キャスリーン・アトキンソンKathleen Atkinson, 1875年11月5日 - 1957年4月30日)は、アメリカニュージャージー州ラーウェイ出身の女子テニス選手。フルネームは Kathleen Gill Atkinson (キャスリーン・ジル・アトキンソン)という。1890年代の全米選手権(現在の全米オープンテニス)で、姉のジュリエット・アトキンソンとともに「姉妹テニス選手」として活動した。キャスリーンは1897年1898年の女子ダブルスで、姉のジュリエットとペアを組んで優勝したが、彼女自身のシングルス成績は1895年1897年のベスト4が最高記録だった。

姉のジュリエットは1894年から全米選手権に参加し始め、キャスリーンは1895年から1898年まで4年間出場した。最初期の全米選手権は、男子部門と女子部門が別々の会場で行われ、女子シングルス・女子ダブルスはペンシルベニア州にある「フィラデルフィア・クリケット・クラブ」で行われた。キャスリーンが参加した時期は、女子部門の参加者は11-13名ほどだった。キャスリーンは1895年1897年の2度、女子シングルス準決勝で姉ジュリエットとの「姉妹対決」に敗れ、1896年1898年はベスト8で止まった。ジュリエットは1894年から1898年まで女子ダブルス5連覇を達成したが、その間パートナーをヘレン・ヘルウィッグエリザベス・ムーアと変えて、1897年1898年に妹のキャスリーンとコンビを組んだ。

1887年から女子シングルス・女子ダブルス競技が始まった初期の全米選手権では、2組の「姉妹テニス選手」が活躍した。エレングレースの「ルーズベルト姉妹」と、ジュリエットとキャスリーンの「アトキンソン姉妹」である。キャスリーンは姉のジュリエットが1944年1月12日に死去した後、13年長生きしたが、1957年4月30日ニュージャージー州メープルウッドにて81歳で亡くなった。

参考文献[編集]