ヘレン・ヘルウィッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘレン・ヘルウィッグ
Helen Hellwig
Tennis pictogram.svg
基本情報
フルネーム Helen Rebecca Hellwig Pouch
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ニューヨークブルックリン
生年月日 1874年3月(日付は不明)
没年月日 1960年11月26日
死没地 同・ニューヨークブルックリン
利き手
4大大会最高成績・シングルス
全米 優勝(1894)
優勝回数 1(米1)
4大大会最高成績・ダブルス
全米 優勝(1894・95)
優勝回数 2(米2)

ヘレン・ヘルウィッグHelen Hellwig, 1874年3月 - 1960年11月26日)は、アメリカニューヨークブルックリン出身の女子テニス選手。フルネームは Helen Rebecca Hellwig (ヘレン・レベッカ・ヘルウィッグ)という。黎明期の全米選手権(現在の全米オープンテニス)において、1894年に第8回の女子シングルス優勝者になり、1894年1895年ジュリエット・アトキンソン1873年 - 1944年)と組んで女子ダブルス2連覇を達成した。ヘルウィッグの場合、生年月日は「1874年3月」までしか判明していない。

現在は「全米オープン」として知られるテニス競技大会は、1881年から男子シングルスと男子ダブルスが始まり、女子シングルスはそれから6年後の1887年に第1回の競技大会が行われた。女子ダブルスは、1889年から正式競技に加えられた。初期のウィンブルドン選手権と同じく、全米選手権も「チャレンジ・ラウンド」(挑戦者決定戦)から「オールカマーズ・ファイナル」(大会前年優勝者とチャレンジ・ラウンド勝者で優勝を争う)への流れで優勝者を決定した。ヘルウィッグは最初、1893年から1895年の3年間全米選手権に出場した。1894年のチャレンジ・ラウンド決勝でバーサ・タウンゼントを破ったヘルウィッグは、前年優勝者アリーン・テリーとの「オールカマーズ・ファイナル」に初進出を果たす。女子シングルスのオールカマーズ・ファイナルは、1891年から最大5セット・マッチで実施されるようになったが、ヘルウィッグはテリーを 7-5, 3-6, 6-0, 3-6, 6-3 の5セットで破り、こうして初優勝を決めた。女子ダブルスでもジュリエット・アトキンソンと組んで優勝したヘルウィッグは、1894年に単複2冠を獲得した。

1895年の全米選手権では、ヘルウィッグは自動的に「オールカマーズ・ファイナル」に出場できる前年優勝者として、チャレンジ・ラウンドの勝者を待った。ところが、チャレンジ・ラウンドを勝ち上がったダブルス・パートナーのジュリエット・アトキンソンに 4-6, 2-6, 1-6 のストレートで完敗し、ヘルウィッグは女子シングルス2連覇を逃してしまう。ヘルウィッグとアトキンソンは、女子ダブルスで2連覇を達成した。その後、ヘルウィッグはいったん全米選手権から撤退する。1894年からは、女子シングルスのチャレンジ・ラウンド決勝も最大5セット・マッチで行われたため、この当時は女子選手が2試合連続で最大5セット・マッチをこなしていた。1902年の大会から、女子競技の全部門で最大5セット・マッチが廃止され、現在に至っている。

ヘルウィッグは後にウィリアム・パウチ(William Pouch)と結婚し、1907年から全米選手権に再挑戦を始める。名前を「ヘレン・パウチ」(Helen Pouch)と改めた彼女は、12年ぶりの出場となった1907年の女子シングルスで準決勝に勝ち上がり、1908年は準々決勝まで進出した。最後の出場は1916年で、この時は42歳を迎えていた。ヘルウィッグは1960年11月26日、故郷のニューヨークにて86歳で死去した。

全米選手権の成績[編集]

  • 女子シングルス:1勝(1894年)
  • 女子ダブルス:2勝(1894年・1895年)

参考文献[編集]