アリシア・エステベ・ヘッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Tania Head
生誕 Alicia Esteve Head
(1973-07-31) 1973年7月31日(45歳)[1]
スペインの旗 スペイン バルセロナ
国籍 スペインの旗 スペイン
別名 Alicia Esteve

アリシア・エステベ・ヘッドAlicia Esteve Head, 1973年7月31日[1] - )は、 2001年9月11日にワールドトレードセンターを襲ったテロ攻撃(9・11事件)の生存者であると偽称していたスペインの女性である。彼女はタニア・ヘッドTania Head)を名乗ってワールドトレードセンター生存者ネットワークに加わり、後にその会長に就任し、メディアでも度々取り上げられていた。2007年に彼女のテロ被害の物語の嘘が暴かれた。2001年9月11日当時彼女はニューヨークにおらず、バルセロナで授業に出席していた。

背景とワールドトレードセンター生存者ネットワーク[編集]

アリシア・エステベ・ヘッドはスペインのバルセロナで生まれる。バルセロナの名家の出身であったが、1992年に金融詐欺で父親と兄が刑務所に収監されていた[2]。彼女はバルセロナ大学に通い、スペインのホテル企業であるHovisaに勤務した[3]。1998年から20000年にかけては経営秘書として働き、9・11事件が発生した2001年にはESADEの修士課程に入学していた[2][4]

ヘッドは2003年に初めてアメリカ合衆国を訪れた。彼女はワールドトレードセンター生存者ネットワークの創設者の1人であるジェリー・ボガスに自身が9・11事件生存者のためのインターネット・グループを立ち上げた「タニア・ヘッド」であることを口頭で教え、2004年にネットワークに加わった。ボガスとの数ヶ月の電子メールのやりとりを経て彼女は両団体を合併させた[5]

ネットワークの目的はテロ事件の生存者達への支援であり[6]、彼女自身はこの活動に関して報酬を受け取っておらず、むしろ寄付を行っていた[7]

9・11事件被害者としての主張[編集]

彼女はユナイテッド航空175便が突入した際にはサウスタワー(WTC2)の78階で煙と炎の間を這って逃げ延びたと主張し、その鮮明な状況説明によって「ミニ・セレブの地位」に上り詰めた。もしこれが真実であったならば、彼女は突入階より上層に居た19人目の生存者であった[5][8]。彼女は婚約者のデイヴがノースタワー(WTC1)で死亡したと主張していたが、後の話では夫であると説明していた[9]

彼女はまた現場で死に間際の男性から結婚指輪を託され、それを彼の妻に届け、さらには勇敢な行為がメディアで伝えられていたウェルズ・クラウザー英語版によって救助されたと主張した[5]。ヘッドはメディアでのインタビューを受け、大学で講演し、2005年にはトリビュート・WTC・ビジター・センターのツアーのリーダーとなり、当時のニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ、元市長のルドルフ・ジュリアーニ、元ニューヨーク州知事のジョージ・パタキと共に写真も撮影された[4]

ヘッドは頻繁にグラウンド・ゼロのツアー団体にその主張を鮮明に詳述し、「私はタワーにいました。生存者です。私はあなたにそのことを話します」と語った[8]。彼女は崩壊するビルを逃れた2万人の生存者の代表者として遡及的に9・11事件の記事に登場した[10]。ワールドトレードセンター生存者ネットワークで彼女の後任の会長となったリチャード・ジンブラーは「彼女の話を疑う余地はなかった。彼女はその一端を見た。彼女の腕には火傷によるものと思われる跡があり、話はとても、とても現実味があった」と述べた[2]

虚言の発覚[編集]

2007年9月、『ニューヨーク・タイムズ』は周年記念の記事を執筆する過程でヘッドの物語の詳細を検証した。ヘッドはハーバード大学の学位を得て、スタンフォード大学の経営学院を卒業したと主張していたが、両大学に彼女の記録は存在しなかった[5]。また彼女はワールドトレードセンターのメリルリンチに勤務していたと主張していたが、メリルリンチに彼女の雇用記録はなかった[11]。ヘッドは3つのインタビューの予定を中止し、これ以後、記者への回答を拒否した。『ニューヨーク・タイムズ』は生存者ネットワークの他のメンバーとの連絡を取り、ヘッドの主張の信憑性について質問した。2007年9月27日の週までにネットワークは彼女をグループの会長と理事から退任させることを決定した[5]

また「ビッグ・デイヴ」の愛称で知られる男性が反対側のタワーで亡くなっているが、生前に彼の家族はタニア・ヘッドの話を聞いたことがなかったと証言した[5]

2007年10月、バルセロナの新聞『ラ・バングアルディア』はヘッドが9・11事件当日はESADEビジネススクール英語版で授業を受けていた最中であり、また腕の傷はその数年前の自動車事故によるものであると彼女自身がクラスメイトに語っていたことを報じた[3]。『ラ・バングアルディア』はヘッドが2002年6月までこの授業を受けており、ニューヨークでの働きたいとクラスメイトに話していたことも報じた[3]

発覚後[編集]

ヘッドの虚言が暴かれた後、彼女は全ての取材を拒否してニューヨークを去った[7]。2008年2月、ワールドトレードセンター生存者ネットワークに彼女が自殺したというスペインから匿名の電子メールが届いた[12][13]。2012年、ワールドトレードセンター生存者ネットワークのメンバーからの証言を基にして『The Woman Who Wasn't There』という題の書籍およびドキュメンタリー映画が制作された。その書籍および映画では2011年9月14日にニューヨークでヘッドとその母親が目撃されたと記されている[14]

2012年7月、ヘッドはバルセロナの保険会社のインター・パートナー・アシスタンスに勤務していたが、ニューヨークでの事件を知った雇用主によって解雇された[15]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Peirón, Francesc (2012年4月16日). “Un libro narra el engaño de una barcelonesa en el 11-S” (Spanish). La Vanguardia. http://www.lavanguardia.com/libros/20120416/54284823455/libro-narra-engano-barcelonesa-11s.html 2012年9月1日閲覧。 
  2. ^ a b c Lara Bonilla (2007年10月1日). “Madrid newspaper reveals more details about Alicia Esteve Head: Suspected bogus 9/11 survivor from Barcelona”. La Vanguardia (Spain). 2018年9月11日閲覧。
  3. ^ a b c “Alicia Esteve comenzó curso en Barcelona días después del 11-S”. La Vanguardia. (2007年10月2日). https://www.lavanguardia.com/internacional/20071002/53398509981/alicia-esteve-comenzo-curso-en-barcelona-dias-despues-del-11-s.html 2018年9月11日閲覧。 
  4. ^ a b Alicia (Tania) Head, WTC Imposter?
  5. ^ a b c d e f David W. Dunlap and Serge F. Kovalevski (2007年9月27日). “In a 9/11 Survival Tale, the Pieces Just Don't Fit”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2007/09/27/nyregion/27survivor.html?ei=5087&em=&en=620a38f8cc36fbd0&ex=1191038400&pagewanted=all 2007年9月27日閲覧. "Tania Head's story, as shared over the years with reporters, students, friends and hundreds of visitors to ground zero, was a remarkable account of both life and death." 
  6. ^ World Trade Center Survivors' Network” (2018年7月7日). 2018年9月11日閲覧。
  7. ^ a b NPR Staff (2012年3月26日). “The Amazing, Untrue Story Of A Sept. 11 Survivor”. NPR.org. 2018年9月11日閲覧。
  8. ^ a b Michael Daly (2006年9月7日). “An Amazing Woman & Her Smile”. New York Daily News. http://articles.nydailynews.com/2006-09-07/news/18343599_1_sky-lobby-tower-body-parts 2007年9月27日閲覧. "The momentum of her memories sometimes causes Tania Head to tell a tour group about the horribly burned man who handed her his wedding ring as she escaped the south tower. On occasion, she also tells the visitors that her own husband perished in the north tower. She always begins by introducing herself to those who come for a first-person account of 9/11 from one of the 122 volunteer guides at the new Tribute WTC Visitor Center.. "My name is Tania and I'm going to be your tour guide today," she said the other afternoon." 
  9. ^ “Woman's 9/11 survival story questioned”. China Daily via Associated Press. (2007年9月27日). http://www.chinadaily.com.cn/world/2007-09/28/content_6142004.htm. "Tania Head has said that she was badly burned on the 78th floor of the south tower, that she was saved by a man who died trying to save others, and that a dying man handed her his inscribed wedding ring, which she later returned to his widow. She also said her husband, or fiancé, died in the north tower." 
  10. ^ “Tales Of The City, Revisited”. Time. (2004年8月29日). http://www.time.com/time/nation/article/0,8599,694956,00.html. ""People cannot understand. We saw things," says Tania Head, who was injured while evacuating. "We had to make life-or-death decisions. The higher the floor, the more lonely you were. I can't get rid of my fear that it's going to happen again."" 
  11. ^ “Paper finds big holes in woman's tales of surviving 9/11”. USA Today. オリジナル2008年4月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080430161357/http://blogs.usatoday.com/ondeadline/2007/09/paper-finds-big.html. "She has a compelling story. Is it true? The New York Times reports today that "no part of her story, it turns out, has been verified." The company she says she worked for on 9/11 says it never heard of her. The same goes for the family of her "fiance" or "husband," according to the paper." 
  12. ^ The same old story”. New Statesman (2008年9月11日). 2009年9月13日閲覧。 “Take Cutting Edge: the 9/11 Faker (Thursday 11 September, 9pm), which was about Tania Head, who claimed to have been on the 78th floor of the South Tower during the attacks on the New York World Trade Center when, in fact, she had been in Barcelona at the time (for added piquancy, she also invented an imaginary fiancé who died in the inferno of the North Tower). Head is a fantastic subject for a film, but her story has been told before, in some detail, by the New York Times, the newspaper that discovered her fraud.”
  13. ^ Channel 4, The 9/11 Faker, broadcast September 11, 2008
  14. ^ Dunlap, David (2012年3月14日). “City Room; 9/11 Faker Is Spotted Briefly in New York”. The New York Times. https://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9C0DE5DD133BF937A25750C0A9649D8B63 2012年9月13日閲覧。 
  15. ^ Forn, Marta (2012年7月11日). “Tania Head, impostora del 11-S, despedida de su empresa en Barcelona” (Spanish). La Vanguardia. http://www.lavanguardia.com/vida/20120711/54323550906/tania-head-impostora-11-s-despedida-empresa-barcelona.html 2013年1月7日閲覧。 

外部リンク[編集]