アラ=レ=ミーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Allas-les-Mines

Allas les mines.jpg

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ヌーヴェル=アキテーヌ地域圏
(département) ドルドーニュ県Drapeau fr département Dordogne.svg
(arrondissement) サルラ=ラ=カネダ郡
小郡 (canton) ヴァレ・ドルドーニュ小郡
INSEEコード 24006
郵便番号 24220
市長任期 ジャン=ルイ・モンリボ[1]
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Vallée de la Dordogne et Forêt Bessède
人口動態
人口 210人
2015年
人口密度 30人/km2
住民の呼称 Allacois
地理
座標 北緯44度50分03秒 東経1度04分23秒 / 北緯44.8341666667度 東経1.07305555556度 / 44.8341666667; 1.07305555556座標: 北緯44度50分03秒 東経1度04分23秒 / 北緯44.8341666667度 東経1.07305555556度 / 44.8341666667; 1.07305555556
標高 平均:?m
最低:56m
最高:250m
面積 7.04km2
Allas-les-Minesの位置(フランス内)
Allas-les-Mines
Allas-les-Mines
テンプレートを表示

アラ=レ=ミーヌAllas-les-Minesオック語:Alàs[2])は、フランスヌーヴェル=アキテーヌ地域圏ドルドーニュ県コミューン。アラ=ド=ベルビギエール(Allas-de-Berbiguières)と呼ばれることもある。

地理[編集]

コミューンはペリゴール・ノワール地方に属し、ドルドーニュ川のほとりにある。

由来[編集]

1218年、土地の名称がオック語でAlàsと書かれている[3]。その後、1258年にはラテン語でAlatumと書かれた。

Allas-les-Minesの名称は、ガロ=ローマ語起源の人名Alaciusからきたのかもしれないし、5世紀初頭にガリアに侵入したアラン人からきたのかもしれない[2][4]。名称の第二の要素であるminesは、かつてコミューン内に古い炭鉱があったことで説明される。

歴史[編集]

1956年の発掘調査によって、村にはガロ=ローマ時代から人の定住があったことが判明した。ワイン醸造が行われた場所の痕跡、ブドウ圧搾の場所、ウェスパシアヌス帝時代やトラヤヌス帝時代の青銅貨幣、ガッリエヌス帝時代からテトリクス1世時代までの5枚のアントニニアヌス貨幣、ありふれた陶磁器の破片が発見されている[5][6]

この土地の名を初めて知らせたのは、、1218年に現れたAlasという記載である[4]。その後、コミューンはAlat、Allas de Berbières、その後Allas-de-Berbiguièresと呼ばれた。1643年にはAlat de Ferrièresというカトリックの教区もあった。フランス革命期の国民公会下では、アラ=レガリテ(Allas-l'Égalité)と改名させられた。1910年より、現在のアラ=レ=ミーヌとなった[7]

ルイ15世時代、ギュイエンヌ主計官の役人ジュリの1746年の報告によれば、28世帯が村を構成していた。疫病の流行が村に打撃を与えた。死者が30人、重症で寝たきりの患者が25人だった。

褐炭鉱山は1248人を雇用していた。1956年まで石炭工場は最大で220人を雇っていた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2015年
290 236 198 185 203 224 208 210

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[8]、2006年以降INSEE[9][10]

参照[編集]

  1. ^ « Un nouveau maire à Allas-les-Mines », fr:Sud Ouest édition Périgueux, 8 juin 2015, p. 12.
  2. ^ a b Le nom occitan des communes du Périgord sur le site du Conseil général de la Dordogne, consulté le 29 janvier 2014.
  3. ^ Ernest Nègre - Toponymie générale de la France - Volume 1 - Page 423 - (インドネシア語).
  4. ^ a b Chantal Tanet et Tristan Hordé, Dictionnaire des noms de lieux du Périgord, éditions Fanlac, 2000, 2-86577-215-2, p. 27.
  5. ^ Louis Maurin, Etablissement vinicole à Allas-les-Mines (Dordogne), dans Gallia, 1964, volume 22, no 1, p. 209-221 (lire en ligne)
  6. ^ Balmelle Catherine, Barraud Dany, Brun Jean-Pierre, Duprat Béatrice, Gaillard Hervé, Jacques Philippe, Maurin Louis, Petit-Aupert Catherine, Rigal Didier, Robin Karine, Roudié Philippe, Sillières Pierre, Vernou Christian, « La viticulture antique en Aquitaine », Gallia, tome 58, 2001, [1], p. 134-136
  7. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=441
  8. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=441
  9. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/3293086?geo=COM-24006
  10. ^ http://www.insee.fr