ペリゴール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペリゴールの紋章
ペリゴールを流れるドルドーニュ川

ペリゴールPérigord (fr-Perigord.ogg pronunciation[ヘルプ/ファイル]) オック語: Peiregòrd / Perigòrd)は、フランスの旧州。現在のドルドーニュ県とほぼ一致し、アキテーヌ地域圏の北部に含まれている。

ペリゴールは4つの地方に分割される。ペリゴール・ノワール(Périgord noir、中心地:サルラ=ラ=カネダ)、ペリゴール・ブラン(Périgord blanc、中心地:ペリグー)、ペリゴール・ヴェール(Périgord vert、中心地:ノントロン)、ペリゴール・プルプル(Périgord pourpre、中心地:ベルジュラック)である。

ヨーロッパ有数の手つかずの自然を持つ。

ペリゴールは美食で知られ、フォワグラが特に有名である。またトリュフの産地として伝統的に有名である。ペリゴール産のワインには、ベルジュラック、モンバジヤックが知られる。

ドルドーニュ県の県都はペリグーである。古代ローマ時代の遺跡など、先史時代の史跡が豊富である。最も有名なのは、洞窟画で知られるラスコー洞窟である。

ペリゴールには、ピュイ・マルタン城、ロッス城、オートフォール城、ベニャック城といった1001もの中世及びルネサンス期の城がある。これらは主にドルドーニュ川とヴェゼール川沿いにある。その他には、ジュミリャック・ル・グラン城、フェヌロン城、ビロン城、ブルデイユ城、カステルノー城、ピュイギレム城、ルフィヤック城がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]