アラン・ホヴァネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アラン・ホヴァネス
Alan Hovhaness
生誕 (1911-03-08) 1911年3月8日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州サマーヴィル
死没 (2000-06-21) 2000年6月21日(89歳没)
学歴 ニューイングランド音楽院
ジャンル 近代音楽
職業 作曲家

アラン・ホヴァネス(Alan Hovhaness、1911年3月8日 - 2000年6月21日)は、アメリカ合衆国作曲家。本名はアラン・ヴァネス・チャクマクジアン(Alan Vaness Chakmakjian)。

略歴[編集]

アルメニア系の父親と、スコットランド系の母親との間にマサチューセッツ州サマーヴィルで生まれる。4歳より作曲を始め、10代のときに2つのオペラを作曲して高校で上演し、ロジャー・セッションズから注目を受けた。1929年に高校を卒業した後、ニューイングランド音楽院フレデリック・コンヴァースに師事した。1934年には私淑していたジャン・シベリウスに会うためにフィンランドに旅行した。その後20年間二人は文通を続けた。1936年にはインドの舞踊家ウダイ・シャンカール英語版ボストン公演に参加し、インド音楽への関心を強めた。

1940年から10年間、マサチューセッツ州ウォータータウンアルメニア教会オルガニストを務め、アルメニア音楽への関心を強めた。1942年タングルウッド音楽センターアーロン・コープランドレナード・バーンスタインから批判を受け、それまでの作品の多くを破棄し、より深くアルメニアの主題を研究するようになった。

1948年からボストン音楽院で教職についていたが、1951年ニューヨークに移り、ボイス・オブ・アメリカの中近東部門の作曲家、音楽監督として勤務した。1955年に交響曲第2番『神秘の山』がレオポルド・ストコフスキーの指揮、ヒューストン交響楽団の演奏で初演され、高い評価を得た。1956年から1958年までハワード・ハンソンの勧めで、イーストマン音楽学校で夏季の講座を受け持った。

1959年から1963年までインドハワイ日本韓国へ研究旅行を行い、これらの国の伝統音楽の要素と自らの作品との融合を図った。1959年から1960年にかけてチェンマイでカルナティック地方の音楽を研究し、300以上のラーガを集め、1962年から1963年まで日本で雅楽篳篥竜笛)、長唄浄瑠璃三味線)を学んでいる。1965年には先祖の国であるアルメニアを訪問した。

多作家で知られ、生涯に400曲以上の番号付作品を残し、とりわけ交響曲は67曲にものぼる。

日本のコロラトゥーラ・ソプラノ歌手冨士原比那子と結婚しており、彼女は現在作品の出版社を興している。

主な作品[編集]

文献[編集]

  • Howard, Richard (1983). The Works of Alan Hovhaness: A Catalog, Opus 1-Opus 360. Pro Am Music Resources. ISBN 0-912483-00-8.
  • Kostelanetz, Richard (1989). On Innovative Music(ian)s. New York: Limelight Editions.
  • Malina, Judith (1984). The Diaries of Judith Malina, 1947-1957. New York: Grove Press, Inc. ISBN 0-394-53132-9.
  • Rosner, Arnold, and Vance Wolverton (2001). "Hovhaness [Hovaness], Alan [Chakmakjian, Alan Hovhaness]". The New Grove Dictionary of Music and Musicians, second edition, edited by Stanley Sadie and John Tyrrell. London: Macmillan Publishers.

脚注[編集]

外部リンク[編集]