アメリカ合衆国広報文化交流局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
USIAロゴマーク
USIA紋章
USIAが製作したプロパガンダポスター。北ベトナム住民に、南への移住を勧奨している。1954年。

アメリカ合衆国広報文化交流局[1]英語: United States Information Agency ; USIA , United States Information Service ; USIS)は、1953年に発足し1999年国務省に統合された、連邦行政機関、対外広報機関である[2]。英語名に則した訳は、アメリカ合衆国情報局アメリカ海外広報庁[2]米国文化情報局[3]合衆国情報局合衆国情報庁などとも訳される。第二次大戦中のプロパガンダ機関である戦争情報局の後身。

概要[編集]

第2次世界大戦アメリカ陸軍元帥を務め情報戦心理戦を重視したドワイト・D・アイゼンハワーが、1953年1月20日アメリカ合衆国大統領に就任して間もなく[1]、行政府再組織計画および大統領行政命令に基づいて設立した[2]

ボイス・オブ・アメリカラジオ・フリー・ヨーロッパなどの放送事業、各国での非公開の世論調査、親米的な国際世論の形成、東側諸国に対する政治宣伝、フルブライト・プログラムに代表される留学生・研修生受け入れ事業などを担った。日本では、反共工作の一環としての日本映画製作や、原子力平和利用博覧会も手がけた。職員数は6000人以上であった[1]

沿革[編集]

太平洋戦争目前の1941年7月に設立されたアメリカ政府の諜報・プロパガンダ機関「情報調整局OCI」(Office of the Coordinator of Information)が、日米開戦後の1942年6月に「戦略事務局OSS」(Office of Strategic Services)と「戦争情報局OWI」(Office of War Information)とに分割した。両局とも、敵の戦意をくじくためのプロパガンダ組織だが、前者は諜報活動のような、非合法な手段によって公衆に不信・混乱・恐怖を与えることを目指すブラックプロパガンダ(en:Black propaganda)を担当し、のちに中央情報局CIAへと発展した[4]。後者は放送のような、情報を明瞭な事実として公衆に理解させることを目指したホワイトプロパガンダ(en:White propaganda)を担当し[4]、これが戦後、アメリカ合衆国国務省広報部(Bureau of Public Affairs)の配下になり、情報教育局USIE(Information and Education Agency)、国際情報局IIA(International Information Administration)と改名を続けたのち、アメリカ合衆国情報サービスUSIS(United States Information Service)のもとで拡大し、1953年に国務省から独立してアメリカ合衆国情報局USIAへと移行した[5]

1999年に解体後は、テレビ部門がU.S. Agency for Global Media(USAGM、合衆国包括メディア局)、それ以外の機能がアメリカ合衆国国務次官(公共外交・広報担当)に移行した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]