アメリカホド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アメリカホドイモから転送)
移動: 案内検索
アメリカホド
Apios-americana-08102.jpg
アメリカホドの花
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
: ホドイモ属 Apios
: アメリカホド A. americana
学名
Apios americana Medik.
和名
アメリカホド
アメリカホドイモ


アメリカホド(学名:Apios americana )は、マメ科アピオス属の植物。原産は北アメリカ大陸東部で、日本には明治時代中期に導入された[1][2]。英名はポテトビーンインディアンポテトグラウンドナッツ日本では属名であるアピオスや、単にホド(ホドイモ)とも呼ばれる。 日本には在来種であるホドApios fortunei )が存在するが、多くは野生で栽培はごく一部にとどまり、 東北地方を中心に作物として主に栽培されているのはアメリカホドである。

特徴[編集]

多年草であり、つる性で、高さは2m-4mに達する。葉は、羽状複葉で、5-7枚の薄い小葉をもつ。花序には、10-40個の蝶形花を密集してつける。花の外面は緑白色、内面は紫褐色になる。翼弁と舟弁は曲がりくねっていて色が濃い。花期は夏である。果実は細長く、長さ5-10cmになる。果実は1列に並び、熟すとさやが裂けてらせん状によじれる。地下には、数節にくびれた塊茎がある。[2]

人間の利用[編集]

塊茎

地下の塊茎を食用とする。くびれた塊茎は、20個ほどになることもある[3]。大きさは直径2cmから8cmほどである[4]。 イモをそのまま加熱して、煮たり焼き芋やてんぷらなどで食する。マメ科のイモなのでポテトビーンとの異名があり、またネイティブ・アメリカンにとっての貴重な食料であったためインディアンポテトの名がある。 日本での主産地は青森県東部であり、なかでも七戸町が最も生産量が多い。

脚注[編集]

  1. ^ 『新編 食用作物』星川清親、養賢堂、昭和60年5月10日、訂正第5版、p654
  2. ^ a b 原色日本帰化植物図鑑 (1975)
  3. ^ 「地域食材大百科」p374 農文協 2010年3月10日第1刷
  4. ^ 「マメな豆の話」p209 吉田よし子 平凡社 2000年4月20日初版第1刷

参考文献[編集]