ホドイモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホドイモ
Apios fortunei hodoimo01.jpg
花序
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
: ホドイモ属 Apios
: ホドイモ A. fortunei
学名
Apios fortunei Maxim.
和名
ホドイモ
ホド

ホドイモApios fortunei )、またはホドは、マメ科ホドイモ属の植物。中国大陸南部から日本列島全域にかけての一帯が原産地であり、日本では山野、特に日当たりのいい林の中に自生する。

特徴[編集]

多年草であり、つる性で、高さは2m以上にまで伸びる。茎は他の植物に巻き付き、地下には塊茎を作る。長さ4-9mm、幅2-6mmの卵形の小葉が3-5枚集まった羽状複葉をもつ。葉の表面には圧毛があるが、淡緑色の裏面はほとんど無毛。花は淡黄緑色の蝶形花で、旗弁が広い。翼弁はごく小さく、先端は淡紫色を帯びる。また竜骨弁は内側に曲がる。花期は、7-8月である。[1]

人間の利用[編集]

地下の塊茎をそのまま加熱して食用する。イモの数は数個で、同属のアメリカホドより少ないが大きくなる[2]。一部で栽培されるが、ほとんどは野生のものを採集して利用する[3]。現在東北地方を中心にホドという名で作物として主に栽培されているのは、明治時代中期に日本に導入された同属近縁種のアメリカホドである[4]

脚注[編集]

  1. ^ 原色日本植物図鑑 草本編II (1961)
  2. ^ 「地域食材大百科」p374 農文協 2010年3月10日第1刷
  3. ^ 『新編 食用作物』星川清親、養賢堂、昭和60年5月10日、訂正第5版、p654
  4. ^ 「地域食材大百科」p374 農文協 2010年3月10日第1刷

参考文献[編集]

  • 北村四郎村田源『原色日本植物図鑑 草本編』II、保育社、1961年、改訂52刷、117頁。ISBN 9784-586-30016-7