アメデオ・ド・ベルジック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメデオ
Amedeo de Belgique
ベルギー王子、オーストリア=エステ大公
続柄 アストリッド王女第一男子
全名 アメデオ・マリー・ジョゼフ・カール・ピエール・フィリップ・パオラ・マルクス・ダヴィアノ
Amedeo Marie Joseph Carl Pierre Philippe Paola Marcus d'Aviano de Belgique
身位 Prince(王子)
敬称 Imperial and Royal Highness相当
出生 (1986-02-21) 1986年2月21日(30歳)
Flag of Belgium.svgベルギーウォリュウェ=サン=ランベールサン・リュック大学病院
配偶者 エリザベッタ・マリア・ロスボック・フォン・ヴォルケンシュタイン
子女 アンナ・アストリッド
父親 オーストリア=エステ大公ローレンツ
母親 ベルギー王女アストリッド
テンプレートを表示
ベルギー王室
Middle coat of arms of Belgium.svg


アメデオ・ド・ベルジック: Amedeo de Belgique, 1986年2月21日 - )は、ベルギーの王族。ベルギー王子、オーストリア=エステ大公。イタリアの旧モデナ公国の統治者であったオーストリア=エステ家の次期家長でもある。

経歴[編集]

オーストリア=エステ大公ローレンツとその妻でベルギー王アルベール2世の長女であるアストリッドの第1子、長男として、ベルギーのウォリュウェ=サン=ランベールにあるサン・リュック大学病院で生まれた。洗礼の代父母は母方の伯父のブラバント公フィリップと、母方の祖母のベルギー王妃パオラであった。アメデオ自身、やがてベルギー女王となることが予定されている従妹エリザベート王女の名付け親となっている。

弟妹にはマリア・ローラ王女、ジョアシャン王子、ルイーザ・マリア王女、レティシア・マリア王女がいる。アメデオとその弟妹たちは1991年のベルギー王位継承法の改定によってベルギー王位継承権を与えられ、ベルギー王子(王女)の称号を与えられた。

初等教育と中等教育の大部分を、ブリュッセルにあるベルギーの貴族や王族の子弟の通う厳格なイエズス会学校サン・ジャン・ベルシュマンコレージュで受けた。2001年から2004年にかけ、イギリスのケントにある名門校セブンオークス校に通って中等教育を修了した。その後、ベルギー王立陸軍士官学校に1年間在籍している。2005年9月、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに入学し、2008年に同大学を卒業した。

アメデオは兵役を終えており、現在はベルギー陸軍の予備士官である。現在、ニューヨークデロイトに勤務している。 エリザベッタ・マリア 2014年7月5日、ローマサンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂において、イタリア人映画プロデューサー、エットーレ・ロスボック・フォン・ヴォルケンシュタインの一人娘エリザベッタ・マリア(Elisabetta Maria Rosboch von Wolkenstein)と挙式した[1][2]

2016年5月17日ブリュッセルのサンピエール病院にて第一子(長女)となるオーストリア=エステ大公女アンナ・アストリッドが誕生した[3][4][5]。祖父アルベール2世、父ローレンツにとってもそれぞれ初曾孫・初孫となる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

上位:
アストリッド
ベルギー王女
オーストリア=エステ大公妃
ベルギー王位継承権者
継承順位第 6
下位:
アンナ・アストリッド
オーストリア=エステ大公女