アマレッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アマレッティ・モールビディ(柔らかいサッセッロ風アマレッティ)
アマレッティ・セッキ(硬いサロンノ風アマレッティ)
アマレッティ・ゴベイルニ

アマレッティ(イタリア語:Amaretti)とは、イタリアの菓子である。

単数形はアマレット(Amaretto)。

ビスコッティ・アマレッティ(biscotti amaretti)とも呼ばれる。

概要[編集]

通常のクッキーよりも食感が軽いメレンゲ菓子の一種であり、小麦粉の代わりにアーモンド・プードル(アーモンド・パウダー)を使った焼菓子である。

通常のクッキーやビスケットのようにバターマーガリンショートニングを使わないのが特徴である。

「少し苦い」という意味の名称が指すとおり、イタリアではスイート種(甘扁桃)とビター種(苦扁桃)のアーモンド両方を用いる。

フランスマカロンと製法が似ており、フィレンツェ公国カテリーナ・デ・メディチオルレアン公アンリ・ド・ヴァロワの下に輿入れした際にフランスの宮廷に導入され、マカロンの原型となったと言われる菓子でもある。

そのまま食べる他、ボネなど他の菓子の素材ともされる。

なお、このお菓子の柔らかい版はバーチ・ディ・ダーマ(Baci di dama)という。アマレッティよりしっとりと柔らかくホロホロした食感である。

材料[編集]

基本材料[編集]

トッピング(好みで)[編集]

等を乗せて焼くとおいしい。

仕上げに粉砂糖(パウダーシュガー)を振りかけても良い。

関連項目[編集]