まころん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

まころんとは、泡立てた卵白ラッカセイもしくはアーモンド砂糖小麦粉(これらだけでなく、バターを用いるメーカーもある)を加えて小球形に焼いた、和菓子のこと。

西洋菓子のマカロンが日本で独自の発展を遂げたものと考えられるが、製法そのものはマカロンの原型とされるイタリアアマレッティに近い。上記の原料で作るプレーンタイプ以外にも、抹茶ゴマココナッツなどのバリエーションがある。

日本に伝来した時期や経緯は不明だが、太平洋戦争前には、すでに各地の製菓会社で製造販売されていたと見られる。ヨーロッパではアーモンドを用いたが、伝来当時の日本ではアーモンドが入手困難であったため、落花生を用いるようになったといわれる。

美味しい食べ方 噛まずに口の中で少し舐め、崩れかけたところでチューと吸うと甘い汁が出で来てたいへん美味しい。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]