アボルファズル・ジャリリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アボルファズル・ジャリリ
Abolfazl Jalili
生年月日 (1957-06-29) 1957年6月29日(61歳)
出生地 サーヴェ
国籍 イランの旗 イラン

アボルファズル・ジャリリペルシア語: ابوالفضل جلیل‎、1957年6月29日 - )は、イランの映画監督。ペルシア語では「ジャリーリー」と発音した方がより正確。

略歴[編集]

作風[編集]

『かさぶた』では、実際に少年院に収容されている子どもたちを起用したことで注目を集めたが、常に過酷な状況に置かれている子どもたちをリアルに描く作風は、賛否両論を巻き起こし、『ダンス・オブ・ダスト』は上映禁止となった。

1998年、ハータミー政権成立後に同作の上映は解禁された。

『少年と砂漠のカフェ』でも、実際のアフガニスタン難民の少年を起用している。

作品一覧[編集]

  • Joghd 【The Owl】(1975)
  • Pesarak-e Rooznameh Foroush 【Newsboy】(1976)
  • Khaneh 【Home】(1979)
  • Gheseyeh Hossein 【Hossein's Story】(1979)
  • Ba Bachehay-e Zelzeleh Zadeh Golbagh-e Kerman 【With The Child Victims of Earthquake of Golbagh-e Kerman】(1980)
  • Mohajeran-e Jang 【The War Immigrants】(1981)
  • Dokan Daran-e Tehran 【Tehran's Stand-Owners】(1981)
  • Movazeb Bash 【Be Careful】(1982)
  • Milad 【Milad】(1983)
  • スプリング―春へ(1985)
  • かさぶた(1987)
  • Dorna 【Dorna】(1990)
  • ダンス・オブ・ダスト(1992)
  • 7本のキャンドル(1995)
  • トゥルー・ストーリー(1996)
  • ぼくは歩いてゆく(1998)
  • キシュ島の物語~第二話:指輪~(1999)
  • 少年と砂漠のカフェ(2001)
  • Abjad(2003)
  • Full or Empty(2005)
  • ハーフェズ ペルシャの詩(2007)

賞歴[編集]

ローマ国際映画祭 審査員特別賞

外部リンク[編集]