アブドゥル・サッタル・イーディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アブドゥル・サッタル・イーディ(2009年ごろ)

アブドゥル・サッタル・イーディウルドゥー語:عبد الستار ایدھی,: Abdul Sattar Edhi,1928年2月28日?-2016年7月8日[1])大英帝国領インドグジャラート州バントバ生まれの社会事業家、慈善事業家。 Edhi財団創設者として、遺棄された幼児2万人以上を救助し、5万人以上の孤児を助け、4万人の看護師を育てた[2]。パキスタンなどでは「慈悲の天使」などと呼ばれている。アブドゥル・サッタール・エディなどと表記される例もある。

概要[編集]

1928年2月28日もしくは1月1日に当時大英帝国領だったインドのバントバ(en:Bantva)に生まれた。父親は中産階級だったという。11歳の頃に母親が病にかかり19歳の頃に亡くなる。この体験が、この後の彼の人生を決定づけた。1947年にインド・パキスタン分離独立が起きると、彼と彼の一家はパキスタンに移住しカラチに定住した。1951年に彼の蓄えにより小さな慈善事業を始める。小ぶりな店鋪を買い取って無料診療所を始めた。それ以降、60年間社会事業と慈善活動に尽力し、2016年に88歳で亡くなった。60年を超える活動で、幼児2万人と孤児5万人を超える人々を助け、4万人の看護師および600台の救急車、多数の病院などを設立したとされる[2]。2017年2月28日にGoogleが生誕89周年を祝ってGoogleロゴに採用した事により日本でも知られるようになった[3]。妻は、診療所で働いていた看護師のBilquis(en:Bilquis Edhi)。パキスタンにて国葬に付された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ عبدالستار ایدھی: لاوارثوں کا وارث - BBC UrduBBCパキスタン Urdu語版アブドゥル・サッタル・イーディ死去に伴う特集ページ(ウルドゥー語
  2. ^ a b Abdul Sattar Edhi laid to rest in Karachiパキスタン国営ラジオ放送 ラジオパキスタン(英語)
  3. ^ アブドゥル・サッタール・エディ生誕 89 周年google doodlesアーカイブス