アヌープ・シン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アヌープ・シン (Anoop Singh) は、インド経営者。2008年11月より国際通貨基金(IMF)アジア太平洋局長を務めていた。2013年12月26日に退任。後任は李昌鏞[1]

著書[編集]

  • 金融市場危機とラテンアメリカリスク" The Financial Market Crisis and Risks for Latin America "
  • マクロ経済のボラティリティ:ラテンアメリカからのポリシー教訓" Macroeconomic Volatility: The Policy Lessons from Latin America "
  • 包括的成長、機関、地下経済" Inclusive Growth, Institutions, and the Underground Economy "
  • ラテンアメリカの復活を持続さ:一部の歴史展望" Sustaining Latin America's Resurgence: Some Historical Perspectives "
  • 安定と改革ラテンアメリカの1990年代以来、経験上のマクロ経済の展望" Stabilization and Reform in Latin America: A Macroeconomic Perspective on the Experience Since the 1990s "
  • ラテンアメリカの復活 "Latin America's Resurgence" 
  • オーストラリア 経済改革の恩恵を受け" Australia, Benefiting from Economic Reform "
  • ASEAN諸国が直面マクロ経済の課題" Macroeconomic Issues Facing ASEAN Countries "
  • 金融政策インド:争点及び証拠(RBI)"Monetary Policy in India: Issues and Evidence (RBI)"

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]