アニター・デサイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アニター・デサイ
Anita Desai
誕生 Anita Mazumdar
(1937-06-24) 1937年6月24日(85歳)
インドの旗 インドen:Mussoorie
職業 小説家教授
国籍 インドの旗 インド
最終学歴 en:University of Delhi
活動期間 1963 - 現在
子供 キラン・デサイ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アニター・デサイAnita Desai, 1937年6月24日 - )またはアニタ・デサイは、インド小説家である[1]。小説家キラン・デサイは娘。

略歴[編集]

1937年、インド北部のウッタラーカンド州デヘラードゥーン県に生まれた。父親はベンガル出身のインド人、母親はドイツ人[1]。その後イギリスを経て、アメリカに移り住んだ。1983年にガーディアン賞を受賞した。1980年、1984年、1999年、3度ブッカー賞の最終候補者になっている。

1984年に発表した『デリーの詩人』がイスマイル・マーチャント監督により1993年に映画化され、日本では『詩人の贈り物』のタイトルで1994年の京都国際映画祭で上映された[1]。1993年から2002年までマサチューセッツ工科大学教授[1]

受賞・褒章[編集]

  • ガーディアン賞(1983年)(The Village by the Sea(『ぼくの村が消える!』)に対して)
  • サヒタヤ・アカデミー賞 (Sahitya Akademi Award(1978年)[1]
  • ニール・ガン賞(1994年)[1]
  • アルベルト・モラヴィア賞(1999年)[1]
  • パドマ・ブーシャン(2014年)[1]

作品[編集]

  • Cry, The Peacock (1963)
  • Voices in the City (1965)
  • Bye-bye Blackbird (1971)
  • The Peacock Garden (1974)
  • Where Shall We Go This Summer? (1975)
  • Cat on a Houseboat (1976)
  • Fire on the Mountain (1977)
  • Games at Twilight (1978)
  • en:Clear Light of Day (1980)
  • en:The Village By The Sea(『ぼくの村が消える!』) (1982)
  • In Custody(『デリーの詩人』) (1984)
  • Baumgartner's Bombay (1988)
  • Journey to Ithaca (1995)
  • en:Fasting, Feasting (1999)
  • Diamond Dust and Other Stories (2000)
  • en:The Zigzag Way (2004)
  • The Artist Of Disappearance (2011)

日本語訳された作品[編集]

  • 『ぼくの村が消える!』 岡本浜江訳、国土社〈現代の文学〉、1984年、ISBN 4337205020
  • 『デリーの詩人』 高橋明訳、めこん〈現代インド文学選集〉、1999年、ISBN 4839601275

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」. “アニタ デサイ”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年9月28日閲覧。

関連項目[編集]