アデュカヌマブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アデュカヌマブ?
モノクローナル抗体
種類 全長抗体
原料 ヒト
抗原 アミロイドβ
臨床データ
販売名 アデュヘルム(Aduhelm)
ライセンス US Daily Med:リンク
法的規制
投与方法 Intravenous
薬物動態データ
半減期24.8 days[2]
識別
CAS番号
1384260-65-4
ATCコード None
ChemSpider none
UNII 105J35OE21 チェック
KEGG D10541
別名 BIIB037
化学的データ
化学式C6472H10028N1740O2014S46
分子量145,912.34 g·mol−1
テンプレートを表示

アデュカヌマブ: Aducanumab、商品名:アデュヘルム、Aduhelm)は、アルツハイマー病(AD)の治療に用いられる医薬品である[1][2]。本薬は、アミロイドβを標的としたモノクローナル抗体である[1][2]

アデュカヌマブは、アルツハイマー病患者の脳内に存在するアミロイドβ(Aβ)の凝集体を標的とし、その蓄積を抑制する[3]

アデュカヌマブは、2021年6月に米国で医療用として承認され、アルツハイマー病に対して承認された初の治療薬である[1]。本薬は、2003年以降、アルツハイマー病の治療薬として承認された最初の新薬であり、この疾患の根本的な病生理理対象的とした初めての治法薬である[1]。アデュカヌマブの承認は、その有効性をめぐるあいまいな臨床試験結果のために議論を呼んでいる。2020年11月、米国食品医薬品局(FDA)の外部専門家委員会は、アデュカヌマブの重要な試験について、有効性に疑問があることやデータ解析に複数の「危険信号」が見つかったことを理由に、薬の効果を示す「強力な証拠」を示すことができなかったと結論付けた。とはいえ、この薬はFDAの迅速承認制度英語版の下で承認されており、FDAはバイオジェン社に対して、この薬がアルツハイマー病の症状を治療に役立つかどうかを確認するための追跡調査を行うことを要求している[1][4]

医療用途[編集]

アデュカヌマブは、アルツハイマー病の治療に適応英語版する[1][2]

有害作用[編集]

アミロイド関連画像異常(ARIA)は、年に1~2回、脳の磁気共鳴画像英語版によって監視された。

少なくとも2%の患者で報告された最も重篤な有害反応は次の通り。

  • ARIA-E 脳浮腫(35%)- 頭痛、精神状態の変化、錯乱、嘔吐、吐き気、振戦、歩行障害などの症状があらわれることがある[2]
  • 頭痛(21%)[2]
  • ARIA-H 微小出血または脳の出血(19%) - 症状には、頭痛、片側の脱力感、嘔吐、痙攣、意識レベルの低下、および頸部硬直が含まれることがある。[2]
  • ARIA-H 脳表ヘモジデリン沈着症英語版ヘモジデリン)(15%)[2]
  • 転倒(15%)[2]
  • 下痢(9%)[2]
  • 錯乱/せん妄/精神状態の変化/見当識障害 (8%)[2]

歴史[編集]

アデュカヌマブは、発見者であるNeurimmune社からライセンスを受けたバイオジェン社によって開発された[5]

2015年3月に、本薬の第2次第I相臨床試験の中間結果が報告された[6][7]

2016年8月に、1年間のアデュカヌマブの「毎月の静脈内注入」に基づいた第Ib相試験が発表され、アミロイド斑を測定するための脳スキャンが行われた[8]。バイオジェンは、アデュカヌマブについて、FDAから第II相試験を要求されておらず、また実施していなかったが、この決定は一部の専門家から批判を受けた[9][10]第III相試験は、第I相試験の終了後に実施された。第III相試験は2016年9月には進行中だったが[8]、「独立したグループの分析により、試験が『主要評価項目を達成する可能性が低い』ことが示されたため、2019年3月に中止された。[11]

バイオジェンは、2つの第III相試験の予備データで主要評価項目を満たさないことが示唆されたため、2019年3月に開発を中止した[12][13][14]

2019年10月22日、バイオジェンは、アデュカヌマブのFDA承認プロセスを再開することを発表し、より大きなデータセットの分析により[15][16][17]、高用量で投与した場合、薬剤が初期のアルツハイマー病患者の臨床的衰退を抑制することが示されたと述べた[18]。最初のEMERGE試験(NCT02484547)では、投与量別に解析した結果、高用量で投与することにより、プラセボ群に対して23%の減少が認められた。2回目の同一のENGAGE試験では、プラセボ群に比べて有意ではない2%の減少が見られたものの、1回目の結果を再現できなかった[19][20][21]

研究者は、合計3,482人の被験者を対象とした3つの独立した試験で、アデュカヌマブの有効性を評価した[1]。この研究は、アルツハイマー病の患者を対象とした二重盲検、無作為化、プラセボ対象用量設定試験英語版で構成された[1]。この治療を受けた被験者は、アミロイドβプラークが用量および時間に依存して有意に減少したのに対し、試験の対照群の被験者はアミロイドβプラークの減少が見られなかった[1]

アデュカヌマブは、2021年6月に米国で医療用として承認された[1][4]

社会と文化[編集]

論議[編集]

この薬の承認は、「承認の根拠は、患者にとって臨床的に意味のある結果との相関性が示されていない代替評価項目である」という主張があり、議論を呼んでいる[22]

2020年11月、米国食品医薬品局(FDA)の外部専門家委員会は、アデュカヌマブの主要な試験において、薬が効いたという「有力な証拠」を示すことができなかったと結論付け、データ分析で見つかった有効性への疑問や、複数の「危険信号」を理由に、FDAにアデュカヌマブを承認しないよう提案した[23][24]

この薬は、臨床試験でその有効性について矛盾する結果を得たため、議論の的となった[25][26]。この承認に対する具体的な批判は以下の通りである。『有効性に関する十分な証拠がない。薬が誤った希望を与えている。高額な費用は患者の財政やメディケア予算に悪影響を及ぼす』[27]。FDAの審査委員のうち、Aaron Kesselheim、David Knopman、Joel Perlmutterの3名は、本薬のFDA承認後に辞任した[28][29][30][31]Public Citizen[32]Institute for Clinical and Economic Reviewは、この承認を批判した[33]ジョー・マンチン上院議員は、この決定を強く批判し、FDAのDr. Janet Woodcock長官代理を「速やかに交代させるべきだ」と訴えた[34]

患者支援団体は、治療法の選択肢がほとんどない衰弱した疾患に対する新規の薬剤であることから、承認に向けて強力に働きかけた[26]アルツハイマー病協会英語版[35]カナダアルツハイマー病協会英語版[36]アメリカアルツハイマー病財団英語版[37]などの擁護団体もこの決定に賛成した。

経済性とコスト[編集]

薬物治療の費用は年間56,000米ドルと推定されており、バイオジェンのCEOは少なくとも4年間はこの価格を維持すると述べている[38]。適用可能な健康保険および(または)メディケアに加入している患者の場合、この薬剤はTier 5スペシャルティ薬となり[39][40]、このような治療の自己負担分英語版は年間約11,500ドルとなる[41][30]。アミロイドβの存在を検出するためには、最初に脳ポジトロン断層撮影(PETスキャン)を行う必要がある。このスキャンは2013年以降、メディケアの対象外であり[42][43]、2,250~10,700ドルの費用がかかることがある[44]

研究[編集]

アデュカヌマブは、アルツハイマー病 (AD) の治療薬として研究されているヒトIgG1モノクローナル抗体で、主にアミロイドβ(Aβ)凝集体、可溶性オリゴマー、および不溶性原線維に結合する[6][45]。ただし、Aβモノマーを標的にしているわけではないと思われる[要出典医学]。アデュカヌマブ類似体は、血液脳関門を通過し、その標的に効率的に作用することで、Aβの毒性を取り除くことができる[要出典医学]。その効果は、ポジトロン断層撮影で監視することができる[45]

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k “FDA Grants Accelerated Approval for Alzheimer's Drug” (プレスリリース), (2021年6月7日), https://www.fda.gov/news-events/press-announcements/fda-grants-accelerated-approval-alzheimers-drug 2021年6月7日閲覧。   この記述には、アメリカ合衆国内でパブリックドメインとなっている記述を含む。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Aduhelm (aducanumab-avwa) injection, for intravenous use”. Biogen. 2021年6月8日閲覧。
  3. ^ “What lessons can be learned from failed Alzheimer's disease trials?”. Expert Review of Clinical Pharmacology 8 (3): 267–9. (May 2015). doi:10.1586/17512433.2015.1034690. PMID 25860157. 
  4. ^ a b FDA's Decision to Approve New Treatment for Alzheimer's Disease”. U.S. Food and Drug Administration (FDA) (2021年6月7日). 2021年6月7日閲覧。
  5. ^ Zacks, Rebecca (2007年11月20日). “Biogen Inks $380 Million Deal with Swiss Company”. Xconomy. 2021年6月23日閲覧。
  6. ^ a b Fox, Cynthia (2015年4月28日). “The Story of Biogen's Alzheimer's Drug, Aducanumab”. Drug Discovery and Development. 2021年6月23日閲覧。
  7. ^ Herper, Matthew (2015年3月20日). “Biogen Drug Could Inspire New Hope For Alzheimer's Treatments”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/matthewherper/2015/03/20/biogen-drug-could-inspire-new-hope-for-alzheimers-treatments/ 
  8. ^ a b “The antibody aducanumab reduces Aβ plaques in Alzheimer's disease”. Nature 537 (7618): 50–6. (September 2016). Bibcode2016Natur.537...50S. doi:10.1038/nature19323. PMID 27582220. 
  9. ^ Karlawish, Jason (2021年5月30日). “If the FDA approves Biogen's Alzheimer's treatment, I won't prescribe it”. STAT. https://www.statnews.com/2021/05/30/if-the-fda-approves-biogens-alzheimers-treatment-i-wont-prescribe-it/ 2021年6月7日閲覧。 
  10. ^ Belluck, Pam; Robbins, Rebecca (2021年6月5日). “Alzheimer's Drug Poses a Dilemma for the F.D.A.”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2021/06/05/health/alzheimers-aducanumab-fda.html 2021年6月7日閲覧。 
  11. ^ Li, Yun (2019年3月21日). “Biogen shares plunge nearly 30% after ending trial for Alzheimer's drug Aducanumab”. CNBC. https://www.cnbc.com/2019/03/21/biogen-shares-plunge-more-than-25percent-after-ending-trial-for-alzheimers-drug-aducanumab.html 
  12. ^ Ducharme, Jamie (2019年3月21日). “Biogen Halts Promising Alzheimer's Drug Trials Due to Disappointing Results”. Time. 2019年3月21日閲覧。
  13. ^ Li, Yun (2019年3月21日). “Biogen posts its the worst day in 14 years after ending trial for blockbuster Alzheimer's drug”. CNBC. 2021年6月23日閲覧。
  14. ^ Annett, Timothy. “Biogen Plunges More Than 25 Percent on Alzheimer's Setback”. Bloomberg News. 2021年6月23日閲覧。
  15. ^ Roberts, Michelle (2019年10月22日). “First drug to slow Alzheimer's may be available soon”. BBC News. https://www.bbc.co.uk/news/health-50137041 2019年10月22日閲覧。 
  16. ^ Foster, Laura (2019年10月26日). “Drug 'could be biggest Alzheimer's development'”. BBC News. 2019年10月26日閲覧。
  17. ^ Kunkle, Fredrick (2019年12月6日). “Biogen's potential new drug for Alzheimer's disease gets cautiously optimistic review following presentation”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/dc-md-va/2019/12/05/biogens-potential-new-drug-alzheimers-disease-gets-cautiously-optimistic-review-following-presentation/ 
  18. ^ Drugmaker to seek approval for Alzheimer's treatment”. CNN (2019年10月23日). 2019年10月23日閲覧。
  19. ^ McNamara, Damien (2020年5月28日). “Mixed Results for Aducanumab in Two Phase 3 AD Trials”. Medscape. 2021年6月23日閲覧。
  20. ^ Herper, Matthew (2019年10月22日). “In shocking reversal, Biogen to submit Alzheimer's drug for approval”. STAT. 2019年10月22日閲覧。 “"In one study, called Emerge, patients on the high-dose aducanumab had a 23% reduction in their rate of decline compared to those on placebo; those who were on the low dose were 11% lower than placebo, but that result was not statistically significant. But in the second trial, Engage, the decrease was only 2% in patients on the high dose."”
  21. ^ Biogen Plans Regulatory Filing for Aducanumab in Alzheimer's Disease Based on New Analysis of Larger Dataset from Phase 3 Studies”. Biogen (2019年10月22日). 2019年10月22日閲覧。
  22. ^ Gavura, Scott (2021年6月10日). “No evidence, no problem: A closer look at the aducanumab approval”. Science-Based Medicine. 2021年6月11日閲覧。
  23. ^ FDA panel urges rejection of experimental Alzheimer's drug”. Associated Press (2020年11月6日). 2021年6月23日閲覧。
  24. ^ Ault, Alicia (2021年5月5日). “FDA Reviewers: Why We Are Against Approval of Aducanumab for Alzheimer's”. Medscape Medical News. 2021年6月9日閲覧。
  25. ^ “US approves first new Alzheimer's drug in 20 years”. (2021年6月7日). https://www.bbc.com/news/health-57383763 
  26. ^ a b “F.D.A. Approves Alzheimer's Drug Despite Fierce Debate Over Whether It Works”. (2021年6月7日). https://www.nytimes.com/2021/06/07/health/aduhelm-fda-alzheimers-drug.html 
  27. ^ McGinley, Laurie (2021年6月17日). “Furor rages over FDA approval of controversial Alzheimer's drug”. https://www.washingtonpost.com/health/2021/06/17/alzheimers-drug-controversy/ 2021年6月19日閲覧。 
  28. ^ McGinley, Laurie (2021年6月9日). “Two members of an FDA advisory committee quit after approval of controversial Alzheimer's drug”. The Washington Post. 2021年6月9日閲覧。
  29. ^ Langreth, Robert (2021年6月10日). “Harvard Expert Quits FDA Panel as Furor Over Biogen Drug Grows”. Bloomberg. https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-06-10/harvard-expert-quits-fda-panel-as-furor-over-biogen-drug-grows 2021年6月10日閲覧。 
  30. ^ a b “3 Experts Have Resigned From An FDA Committee Over Alzheimer's Drug Approval”. (2021年6月11日). https://www.npr.org/2021/06/11/1005567149/3-experts-have-resigned-from-an-fda-committee-over-alzheimers-drug-approval 2021年6月11日閲覧。 
  31. ^ Belluck, Pam; Robbins, Rebecca (2021年6月10日). “Three F.D.A. Advisers Resign Over Agency's Approval of Alzheimer's Drug”. The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2021/06/10/health/aduhelm-fda-resign-alzheimers.html 2021年6月14日閲覧。 
  32. ^ Statement: FDA's Decision to Approve Aducanumab for Alzheimer's Disease Shows Reckless Disregard for Science, Severely Damages Agency's Credibility”. Public Citizen (2021年6月7日). 2021年6月11日閲覧。
  33. ^ ICER Issues Statement on the FDA's Approval of Aducanumab for Alzheimer's Disease”. ICER. 2021年6月11日閲覧。
  34. ^ Edney, Anna (2021年6月17日). “Key Democrat Manchin Bashes FDA Leader on Alzheimer's Approval”. Bloomberg News. https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-06-17/key-democrat-manchin-bashes-fda-leader-on-alzheimer-s-approval 
  35. ^ It's a New Day in the Fight Against Alzheimer's — Aducanumab Approved”. Alzheimer's Association. 2021年6月11日閲覧。
  36. ^ First new treatment for Alzheimer's disease approved in nearly two decades offers hope for people living with dementia”. Alzheimer Society of Canada (2021年6月7日). 2021年6月11日閲覧。
  37. ^ Alzheimer's Foundation of America Statement on FDA Approving First New Alzheimer's Medication in Nearly 20 Years”. Alzheimer's Foundation of America. 2021年6月11日閲覧。
  38. ^ Biogen CEO: committed to gathering new data on FDA-approved Alzheimer's drug”. 2021年6月23日閲覧。
  39. ^ How do drug tiers work?. Blue Cross Blue Shield of Michigan. Retrieved 14 June 2021.
  40. ^ What Medicare Part D drug plans cover. US Centers for Medicare & Medicaid Services. Retrieved 14 June 2021.
  41. ^ Medicare Copays For New Alzheimer's Drug Could Reach $11,500 Annually”. NPR (2021年6月10日). 2021年6月11日閲覧。
  42. ^ National Coverage Analysis (NCA) for Beta Amyloid Positron Emission Tomography in Dementia and Neurodegenerative Disease (CAG-00431N). September 27, 2013. Centers for Medicare & Medicaid Services (CMS). Retrieved 19 June 2021.
  43. ^ New Alzheimer's drug could be 'devastating' for Medicare 06/15/2021. Politico. Retrieved 19 June 2021.
  44. ^ How much does a PET scan cost?. 2018-07-31. New Choice Health. Retrieved 19 June 2021
  45. ^ a b “Current Status of Drug Targets and Emerging Therapeutic Strategies in the Management of Alzheimer's Disease”. Curr Neuropharmacol 18 (9): 883–903. (October 2020). doi:10.2174/1570159X18666200429011823. PMC: 7569315. PMID 32348223. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7569315/. 

外部リンク[編集]

  • Aducanumab”. Drug Information Portal. U.S. National Library of Medicine. 2021年6月10日閲覧。
  • 臨床試験番号 NCT02484547 研究名 "221AD302 Phase 3 Study of Aducanumab (BIIB037) in Early Alzheimer's Disease (EMERGE)" - ClinicalTrials.gov
  • 臨床試験番号 NCT02477800 研究名 "221AD301 Phase 3 Study of Aducanumab (BIIB037) in Early Alzheimer's Disease (ENGAGE)" - ClinicalTrials.gov
  • 臨床試験番号 NCT01677572 研究名 "Multiple Dose Study of Aducanumab (BIIB037) (Recombinant, Fully Human Anti-Aβ IgG1 mAb) in Participants With Prodromal or Mild Alzheimer's Disease (PRIME)" - ClinicalTrials.gov