アディル・フセイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アディル・フセイン
Adil Hussain
Adil Hussain
生年月日 (1963-10-05) 1963年10月5日(58歳)
出生地 インドの旗 インド アッサム州ガールパラ県英語版ガールパラ英語版
職業 俳優
活動期間 1999年 -
テンプレートを表示

アディル・フセイン(Adil Hussain、1963年10月5日[1] - )は、インドボリウッドパラレル映画で活動する俳優。海外映画にも出演しており、代表作に『ミッシング・ポイント』『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』がある。『ガンジスに還る』『Maj Rati Keteki』の演技を評価されナショナル・フィルム・アワード 審査員特別賞英語版を受賞しており、国内外の様々な言語映画に出演している[2][3]

生い立ち[編集]

アッサム州ゴールパラ英語版ムスリム家庭に生まれる。父親は教師をしており、アディルは7人兄弟の末子だった[4][5][6]。幼少期は学校で演劇活動を行い[7]、哲学を学ぶため18歳で家を離れてグワーハーティーのB・ボルーアー大学に進学した[6]。大学でも演劇活動に参加し、アディルはスタンダップコメディアンとして頭角を現した。また地元のスタンダップコメディ・グループのバーヤ・マーマ・グループに所属し、ボリウッド俳優の物真似をして人気を博した。彼はスタンダップコメディアンとして6年間巡業劇団や映画館で活動し[8][9]、1990年から1993年にかけて国立演劇学校英語版で演技を学んだ。また奨学金を得てイギリスに留学してドラマ・スタジオ・ロンドン英語版で演技を学んでいる[10][5][11]

キャリア[編集]

第41回インド国際映画祭英語版に出席するアディル・フセインとプリヤンカー・ボース英語版

1994年にインドに帰国し、アッサム州の移動劇団ヘングル・シアターで3年間活動した後にデリーに活動拠点を移した[6]。デリーでは舞台俳優として活動する傍ら、カーリド・ティアブジから演技を学んだ。アディルはスリ・オーロビンド・アーシュラム英語版に所属した後、デリーのディリップ・シャンカールから演技を学んだ[6]。1999年に舞台劇『Othello: A Play in Black and White』に出演して高い評価を得た[10]。またロイステン・アベル英語版の『Goodbye Desdemona』にも出演している。2004年から2007年にかけてハンピ英語版で演技講師を務めた[9]。この他にオランダデン・ハーグにある王立演劇学校[12][13]、デリーの国立演劇学校の客員教授も務めた[9][11]

2004年に『Iti Srikanta』で主役を演じ、ソハ・アリー・カーン英語版と共演した[14]。またBBCメディア・アクション英語版製作のテレビシリーズ『Jasoos Vijay』でも主役を演じた[11]。アディルは複数のアッサム語映画英語版に出演し、ヴィシャール・バルドワジ英語版の『Kaminey』、ソナ・ジャインの『For Real』にも出演し、2010年公開の『Ishqiya』で知名度を上げた[15]。2012年には『エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ』でサイーフ・アリー・カーンと共演し、この他に『Gangor』『ミッシング・ポイント』『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』にも出演している[5]。同年に『マダム・イン・ニューヨーク』でシュリデヴィと共演し、『Lessons in Forgetting』ではニュージャージー・インディペンデント南アジア映画祭で批評家から高い評価を得た[16]。また、アディティア・バッタチャールヤ英語版の『BMW - Bombay's Most Wanted』、パルト・セン=グプタ英語版の『Sunrise』にも出演している[9]。2013年にヴィクラマディティヤ・モトワーン英語版の『Lootera』でランヴィール・シンソーナークシー・シンハーと共演した。

2014年にアッサム語映画『Raag』『Sringkhal』『Rodor Sithi』に出演し、同年にヒンディー語映画『Kaanchi: The Unbreakable』『The Xposé』にも出演している。また、トロント国際映画祭で上映された『汚れたミルク/あるセールスマンの告発』にも出演し、『Zed Plus』ではヒンディー語映画で初めて主役を演じた[17]。2015年にはヒンディー語映画『Main Aur Charles[4]Jai Ho Democracy』『Angry Indian Goddesses』、タミル語映画『Yatchan』、ベンガル語映画『Har Har Byomkesh』に出演している。2016年に『Parched』『Kothanodi』に出演し、アビナイ・デーオ英語版の『Force 2』ではジョン・エイブラハム、ソーナークシー・シンハーと共演している。2017年には『Commando 2: The Black Money Trail』『Love Sonia』『Mantra』『ガンジスに還る』『Dobaara: See Your Evil』に出演しており[18]、2018年にはシャンカールの『ロボット2.0』に出演している[19]

出典[編集]

  1. ^ キャスト”. 映画「ガンジスに還る」公式サイト. 2019年7月25日閲覧。
  2. ^ “Adil Hussain on National Award win: It’s dangerous to get an award like this | bollywood”. Hindustan Times. (2016年4月22日). http://www.hindustantimes.com/bollywood/adil-hussain-on-national-award-win-it-s-dangerous-to-get-an-award-like-this/story-P0IpffNan59l8qjfvGNnAP.html 2017年6月15日閲覧。 
  3. ^ “Life of Pi – a fascinating story: movie review”. EF News International. (2012年11月28日). オリジナルの2013年11月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131101005406/http://www.efi-news.com/2012/11/life-of-pi-fascinating-story-movie.html 2013年10月6日閲覧。 
  4. ^ a b Adil Hussain: Charles Sobhraj like Hitler believed that what he did was correct”. Timesofindia.indiatimes.com (2015年10月30日). 2017年6月15日閲覧。
  5. ^ a b c “Goalpara boy hits the big time”. The Times of India. (2012年3月23日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-03-23/guwahati/31229682_1_adil-hussain-ang-lee-bollywood 2013年10月6日閲覧。 
  6. ^ a b c d Bollywood's latest discovery Adil Hussain seeks complex roles in the industry”. India Today (2012年12月28日). 2013年2月25日閲覧。
  7. ^ Psychologies: ‘English Should Not Diminish Respect For All Languages’”. Tehelka (2013年3月2日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月27日閲覧。
  8. ^ “Steamed to perfection”. The Hindu. (2012年10月3日). オリジナルの2014年3月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140316194752/https://www.thehindu.com/life-and-style/Food/steamed-to-perfection/article3961330.ece 2013年10月6日閲覧。 
  9. ^ a b c d A new thinking woman's pin-up is born”. Time Out, Mumbai (2012年4月27日). 2012年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月6日閲覧。
  10. ^ a b “Role call”. The Hindu. (2010年9月9日). http://www.thehindu.com/todays-paper/tp-features/tp-metroplus/article621922.ece 2013年10月6日閲覧。 
  11. ^ a b c Adil Hussain: Destiny's child”. The Times of India, Crest Edition (2011年1月29日). 2013年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月6日閲覧。
  12. ^ “I’m Sridevi's husband: Adil Hussain”. Hindustan Times. (2012年4月1日). オリジナルの2012年11月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121103065533/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Bollywood/I-m-Sridevi-s-husband-Adil-Hussain/Article1-833360.aspx 2013年10月6日閲覧。 
  13. ^ Adil Hussain creates space in the world stage”. Assam Times (2010年11月8日). 2010年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月6日閲覧。
  14. ^ “Adil is back”. The Times of India. (2009年11月11日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2009-11-11/news-interviews/28080926_1_adil-hussain-irrfan-nsd 2013年10月6日閲覧。 
  15. ^ “I'm paid well now: Adil Hussainref”. The times of India. (2010年9月16日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2010-09-16/news-interviews/28217312_1_saif-ali-khan-kareena-omkara 2013年10月6日閲覧。 
  16. ^ “'English Vinglish' star Adil Hussain wins best actor award at US fest”. CNN-IBN. (2012年10月12日). オリジナルの2012年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121015021038/http://ibnlive.in.com/news/english-vinglish-star-adil-hussain-wins-best-actor-award-at-us-fest/300039-8-66.html 2013年10月6日閲覧。 
  17. ^ Adil Hussain: Was surprised to be cast as lead in 'Zed Plus'”. Timesofindia.indiatimes.com (2014年11月25日). 2017年6月15日閲覧。
  18. ^ I’d Love To See A Film Made On Indian Horror Concepts: Adil Hussain”. Saamri (2017年5月20日). 2017年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月25日閲覧。
  19. ^ Adil Hussain: Films like Force 2 and Commando 2 subsidise my involvement in indie cinema”. Firstpost.com. 2017年6月15日閲覧。

外部リンク[編集]