折句

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アクロスティックから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

折句(おりく、 : acrostic)とは、ある一つの文章の中に、別の意味を持つ言葉を織り込む言葉遊びの一種。句頭を利用したものがほとんどである。

実際の折句[編集]

伊勢物語の東下りの段に登場する和歌には次のようなものがある。

らころも
つつなれにし
ましあれば
るばるきぬる
びをしぞおもふ

頭文字をとると「かきつはた」(カキツバタ)という花の名が折り込まれていることがわかる。

いろは歌は、7文字ごとに区切って各節の末尾をつなぐと、「とかなくてしす」(咎無くて死す)となり、無実を訴える文になるとされている(罪を起こすことなく一生を終えたい、という意味だと捉える説もある)。

現代でも谷川俊太郎による折句をもちいた詩が知られている。

くびがでるわ

やけがさすわ
にたいくらい
んでたいくつ
ぬけなあなた
べってころべ

漢詩では蔵頭詩(真意を蔵した、つまり隠した詩の意味)と呼ばれた。1990年の『人民日報』海外版には「元宵」と題した春の訪れをうたった詩が掲載された。しかし斜めに字を拾っていくと総理であった李鵬への批判が読み取れるため、問題になった(「元宵」事件)。

英語圏でも折句はポピュラーであり、たとえばポーはそのまま「アクロスティック」と題した詩を書いている。

Elizabeth it is in vain you say

"Love not" — thou sayest it in so sweet a way:
In vain those words from thee or L.E.L.
Zantippe's talents had enforced so well:
Ah! if that language from thy heart arise,
Breath it less gently forth — and veil thine eyes.
Endymion, recollect, when Luna tried
To cure his love — was cured of all beside —
His follie — pride — and passion — for he died.

回転折句[編集]

また、漢字の共有部を利用した回転折句も成立し得る。

例えば京都龍安寺手水鉢)に刻まれた、以下の四字熟語が挙げられる。

  五
矢 口 隹 - 左回りに「唯吾知足」(口を共有)
  止


沓冠(くつかぶり)[編集]

和歌で、5句それぞれの初めと終りとの1音ずつをつづけて折り返して読み(合わせて10音となる)、別の歌意をつたえようとする技巧的な折句である。

たとえば『栄華物語』にある村上天皇の「逢坂も はては往来の 関もゐず 尋ねて訪ひこ 来なば帰さじ」(ふさか てはいきき きもゐ つねてとひ なはかへさ)(逢坂の関の関守はいない、訪ねて来なさい、もし来たら帰さない)から、「あはせたきものすこし」(合薫物(あわせたきもの)を少し(持って来るように))を読む。

またたとえば『続草庵集』巻四の兼好法師の「夜も涼し 寝覚めの仮庵 手枕も 真袖も秋に 隔てなき風」(もすす さめのかり まくら そてもあき たてなきか)(この涼夜、仮につくった庵で寝覚めた手枕・袖に、隔てるものもなく秋風が吹く)から「よねたまへせにもほし」(米をくだされ、銭も欲しい)を読み、それに対する頓阿法師の返し「夜も憂し 寝たく我が背子 果ては来ず なほざりにだに しばし訪ひませ」(るもう たくわかせ てはこ ほさりにた はしとひま)(つらい夜だった、つれないあなたは来なかった、せめてかりそめにでもおいでください)から「よねはなしせにすこし」(米は無い、銭を少し)を読むたぐい。

関連項目[編集]