アカントメリディオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アカントメリディオン
生息年代: Cambrian Stage 3
Acanthomeridion.jpg
Acanthomeridion serratum の復元想像図
地質時代
カンブリア紀Cambrian Stage 3
分類
: 動物界 Animallia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : (和訳なし)Artiopoda
: アカントメリディオン科 Acanthomeridiidae Hou & Bergström, 1997
: アカントメリディオン属 Acanthomeridion
Hou, Chen & Lu, 1989
学名
Acanthomeridion
Hou, Chen & Lu, 1989
タイプ種
Acanthomeridion serratum
Hou, Chen & Lu, 1989
  • Acanthomeridion serratum
    Hou, Chen & Lu, 1989
  • Acanthomeridion anacanthus
    Hou et al., 2016

アカントメリディオンAcanthomeridion)は、澄江動物群に属する化石節足動物の1属である[1]

形態[編集]

全長35 mm程度の縦長い節足動物である。体は丸みを帯びていた頭部と12節の胴体部から構成されており、終端の中心は尖った尾節をもつ[2]。胴体部は対をなす消化腺をもち、頭部の"頬"にあたる部分は縫合線によって隔てられており、これは三葉虫など他のArtiopoda類と共通する特徴である[2][3]

分類[編集]

かつて、アカントメリディオンはシャンダレラ類(シャンダレラシンダレラなどが属する)として分類された[2]。しかし、新たな特徴に基づいた2016年の分岐学的見解により、アカントメリディオンは基盤的なArtiopoda類(三葉虫光楯類・シャンダレラ類・シドネイアなどを含む大グループ)と見なされるようになった[2]

1997年に、アカントメリディオン属は単型であるAcanthomeridiidae に含められた[4]。2008年まで中国から8個体が産出し[3]、1989年に記載されたAcanthomeridion serratum と、2016年で新たに記載されたAcanthomeridion anacanthus 2が認められる[2]A. anacanthusは、後端数節の両側に長く伸びた棘を欠くことからA. serratum と区別できる[2]

脚注[編集]

  1. ^ X.-G. Hou, J.-Y. Chen & H.-Z. Lu (1989年). “Early Cambrian new arthropods from Chengjiang, Yunnan”. Acta Palaeontologica Sinica 28: 42–57. 
  2. ^ a b c d e f Hou, X; Williams, Mark; Gabbott, Sarah; Siveter, D.J.; Cong, Peiyun; Ma, Xiaoya; Sansom, R (2016年9月1日). A new species of the artiopodan arthropod Acanthomeridion from the lower Cambrian Chengjiang Lagerstätte, China, and the phylogenetic significance of the genus. pp. 1–8. doi:10.1080/14772019.2016.1229695. https://pdfs.semanticscholar.org/1a9b/4382489543c89341299aa4949ddf60564c44.pdf. 
  3. ^ a b Xiang-Hong Feng, Xian-guang Hou (2008). The Cambrian Fossils of Chengjiang, China: The Flowering of Early Animal Life. John Wiley & Sons. p. 176. 
  4. ^ J. Bergstrom & X. Hou (1997). Arthropods of the Lower Cambrian Chengjiang Fauna, Southwest China. Fossils and Strata 45. Wiley-Blackwell. ISBN 978-82-00-37693-4.