アイ・アム・ナンバー4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイ・アム・ナンバー4
I Am Number Four
監督 D・J・カルーソー
脚本 マーティ・ノクソン
アルフレッド・ガフ
マイルズ・ミラー
原作 ピタカス・ローア
製作 マイケル・ベイ
製作総指揮 クリス・ベンダー
J・C・スピンク
デヴィッド・ヴァルデス
音楽 トレヴァー・ラビン
撮影 ギレルモ・ナヴァロ
編集 ヴィンス・フィリッポーネ
ジム・ペイジ
製作会社 リライアンス・エンターテインメント
ベイ・フィルムズ
ドリームワークス
配給 アメリカ合衆国の旗 タッチストーン・ピクチャーズ
日本の旗 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年2月18日
日本の旗 2011年7月8日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 $144,500,437[1]
3億1000万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

アイ・アム・ナンバー4』(原題: I Am Number Four)は、2011年アメリカSFアクション映画ピタカス・ローアによる同名SF小説を原作としている。

ストーリー[編集]

ロリアンと呼ばれる異星に侵入したモガドリアンによって、惑星を追われた9人のエイリアンたちが地球に産み落とされた。番号が割り当てられた彼らは大人になると「レガシー」と呼ばれる超能力が覚醒し、また彼らを守るため保護者と言う名目でガーディアンが派遣されていた。ロリアン星を破壊したモガドリアンは、生存者である9人を追って地球にやって来る。モガドリアンは番号順に彼らを殺し始め、3人がこれまでに暗殺されていた。

エイリアンの一人であるジョン・スミスは高校生としてオハイオ州で暮らしていた。友達のサラと何事もなく生活していたジョンだったが、ガーディアンのヘンリーから、自分が次に殺される4番目であることを聞かされる。

しかしそんな時、彼にレガシーの兆候が芽生え始める。能力が覚醒したジョンは、自分たちを暗殺するモガドリアン率いる謎の組織を打破すべく戦いを挑んでいく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョン・スミス / ナンバー4 アレックス・ペティファー 加瀬康之
サラ・ハート ディアナ・アグロン 水樹奈々
ヘンリー ティモシー・オリファント てらそままさき
ナンバー6 テリーサ・パーマー 小松由佳
サム・グッド カラン・マッコーリフ 成家義哉
モガドリアン司令官 ケヴィン・デュランド 咲野俊介
マーク・ジェームズ ジェイク・アベル 阪口周平
ジェームズ保安官 ジェフ・ホッチェンドナー 楠見尚己
サラの母 ジュディス・ホーグ 佐々木優子
サラの父 クーパー・ソーントン 星野充昭

参考文献[編集]

  1. ^ a b I Am Number 4 (2011)”. Box Office Mojo. 2011年8月3日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2012年2月下旬決算特別号 211頁

外部リンク[編集]