イーグル・アイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イーグル・アイ
Eagle Eye
監督 D・J・カルーソー
脚本 ダン・マクダーモット
ジョン・グレン
トラヴィス・アダム・ライト
ヒラリー・サイツ
原案 ダン・マクダーモット
製作 アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
パトリック・クローリー
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
エドワード・L・マクドネル
出演者 シャイア・ラブーフ
ミシェル・モナハン
音楽 ブライアン・タイラー
撮影 ダリウス・ウォルスキー
編集 ジム・ペイジ
製作会社 K/Oペーパー・プロダクツ
ドリームワークス
ゴールドレスト・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画/ドリームワークス
日本の旗 角川映画/角川エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年9月26日
日本の旗 2008年10月18日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $80,000,000[1]
興行収入 $101,440,743[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$178,066,569[1] 世界の旗
テンプレートを表示

イーグル・アイ』(原題:Eagle Eye)は、2008年公開のアメリカSFサスペンス映画

2007年11月から、イリノイ州シカゴで撮影が開始された。

概要[編集]

スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮・シャイア・ラブーフ出演のSFサスペンスアクション映画。『ディスタービア』で大ヒットを記録したD・J・カルーソーとシャイア・ラブーフが再びタッグを組んで制作された映画である。

ストーリー[編集]

政府の仕事をしていた双子の兄弟イーサンを亡くし、平凡な毎日を送っていたコピーショップ店員のジェリー(シャイア・ラブーフ)の携帯に、知らない女から電話がかかってきた。「今すぐ逃げろ」という女の警告を無視したジェリーはその直後、身に覚えのないテロ工作の容疑でFBIに拘束されてしまう。

しかし取調べ中に、その謎の女・アリアの差し金による建築重機の事故が発生。大破したFBIのビルから、不本意ながらジェリーは逃走する。携帯から的確に逃走経路を指示してくるアリアに命じられるがまま、街中を逃げ回ったジェリーは、レイチェル(ミシェル・モナハン)という女性の車に乗り込んだ。彼女もまた「指示に従わねば息子を殺す」とアリアに脅迫されていたのだった。

FBIに追われ、どこかから監視し逐次指示を送ってくるアリアに逆らうこともできず、ジェリーとレイチェルは恐怖の逃走行を強いられる。

アリアの正体は人工知能であり、アメリカ合衆国憲法を字義通りに解釈し、現政府が憲法違反と判断して反乱を起こしたというストーリーである。アリアは監視装置や通信機器を駆使し、主人公らを追い詰める。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジェリー・ショー/イーサン・ショー シャイア・ラブーフ 細谷佳正
レイチェル・ホロマン ミシェル・モナハン 本田貴子
トーマス・モーガンFBI捜査官 ビリー・ボブ・ソーントン 原康義
ゾーイ・ペレス空軍特別捜査官 ロザリオ・ドーソン 高山佳音里
ジョージ・キャリスター国防長官 マイケル・チクリス 楠見尚己
ウィリアム・ボウマン少佐 アンソニー・マッキー 小松史法
トビー・グラントFBI捜査官 イーサン・エンブリー 目黒光祐
ラニーム・ハリド アンソニー・アジジ
サム・ホロマン キャメロン・ボイス 小林由美子
ジェリーの父親 ウィリアム・サドラー 川辺久造
アリアの声 ジュリアン・ムーア(ノンクレジット) 田中敦子

スタッフ[編集]

映画に登場する武器等[編集]

乗用車
戦闘機
無人機
輸送機
ヘリコプター
銃器

ビデオ[編集]

日本語版[編集]

商品名 フォーマット 発売日 販売会社
イーグル・アイ ※1枚組  Blu-ray Disc 2009年2月13日 角川エンタテインメント
イーグル・アイ スペシャル・エディション ※2枚組 DVD 2009年2月13日 角川エンタテインメント

出典[編集]

  1. ^ a b c Eagle Eye (2008)”. Box Office Mojo. 2011年2月3日閲覧。

外部リンク[編集]