もう子供でも鳥でもないんだから

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
もう子供でも鳥でもないんだから
大塚博堂シングル
初出アルバム『もう子供でも鳥でもないんだから』
B面 星への階段〜Stair way to the Stars〜
リリース
ジャンル J-POP
レーベル 日本フォノグラム
プロデュース 柴田敏晴
大塚博堂 シングル 年表
LOVE IS GONE
1978年
もう子供でも鳥でもないんだから
1979年
青春は最後のおとぎ話
(1979年)
収録アルバムもう子供でも鳥でもないんだから
もう子供でも鳥でもないんだから
(1)
ラスト・レター
(2)
テンプレートを表示

もう子供でも鳥でもないんだから」(もうこどもでもとりでもないんだから)は、1979年4月25日に発売された大塚博堂の7枚目のシングル。同日に同名の5枚目のアルバムも発売された。

タイアップ[編集]

シングル[編集]

収録[編集]

  • A面 もう子供でも鳥でもないんだから (作詞:るい 作曲:大塚博堂 編曲:クニ河内
  • B面 星への階段〜Stair way to the Stars〜 (作詞・作曲:大塚博堂 編曲:あかのたちお

アルバム[編集]

もう子供でも鳥でもないんだから
大塚博堂スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル 日本フォノグラム
プロデュース 柴田敏晴
チャート最高順位
大塚博堂 アルバム 年表
LOVE IS GONE
(1978年)
もう子供でも鳥でもないんだから
(1979年)
青春は最後のおとぎ話
(1979年)
『もう子供でも鳥でもないんだから』収録のシングル
  1. 「もう子供でも鳥でもないんだから」
    リリース: 1979年4月25日
テンプレートを表示

内容[編集]

愛の色々な形を歌った5枚目のアルバム。作詞陣は、るい、そして今回から、藤公之介と入れ替わるように、青い三角定規太陽がくれた季節」、中村雅俊ふれあい」の作詞で知られる 山川啓介が加わり、博堂の世界観を広げた。また、大塚自身も4曲作詞している。編曲陣は、前々作以来のあかのたちお、そして元ザ・ハプニングス・フォークニ河内が加わった。ただし、クニは大塚たけし時代に博堂の曲の作曲・編曲を手がけていた。

収録曲[編集]

  1. もう子供でも鳥でもないんだから(作詞:るい 作曲:大塚博堂 編曲:クニ河内
  2. ラスト・レター(作詞:るい 作曲:大塚博堂 編曲:クニ河内)
  3. 休日(作詞:山川啓介 作曲:大塚博堂 編曲:クニ河内)
  4. 後悔(ぐち)(作詞:るい 作曲:大塚博堂 編曲:あかのたちお
  5. ワンモアチャンス(作詞・作曲:大塚博堂 編曲:クニ河内)
  6. 途中下車(作詞:山川啓介 作曲:大塚博堂 編曲:クニ河内)
  7. 男と女の光景(作詞:山川啓介 作曲:大塚博堂 編曲:あかのたちお)
  8. 雨はむらさき(作詞:るい 作曲:大塚博堂 編曲:クニ河内)
  9. 海岸通り(作詞:るい 作曲:大塚博堂 編曲:クニ河内)
  10. アデュー(作詞・作曲:大塚博堂 編曲:あかのたちお)
  11. 愛しはじめて(作詞・作曲:大塚博堂 編曲:あかのたちお)
  12. 星への階段〜Stair way to the Stars〜(作詞・作曲:大塚博堂 編曲:あかのたちお)

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『オリコン・チャートブック LP編 昭和45年 - 平成1年』オリジナル・コンフィデンス、1990年、99頁。ISBN 4871310256