めだかの学校 (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
めだかの学校
ジャンル 学園漫画
漫画:めだかの学校
作者 森ゆきえ
出版社 集英社
掲載誌 RIBONオリジナルりぼん
発表号 1996年8月号 - 2005年3月号
巻数 全6巻
OVA:めだかの学校
原作 森ゆきえ
監督 高本宣弘
製作 オフィス蒼
発表期間 2001年 - 2005年
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

めだかの学校』(めだかのがっこう)は、森ゆきえのデビュー作。単行本全6巻。

概要[編集]

りぼんオリジナル』1996年8月号から『りぼん』2005年3月号まで連載されていた。OVA化されている。
2011年8月現在、作者が自身のブログで本作のその後を描いた漫画を不定期更新している[1]
『りぼん』公式サイトで『めだかの学校 2限目!』が連載開始予定であることが明らかにされ[2]、2015年1月特大号から連載中である。

ストーリー[編集]

中学2年生の江野めだかが転校した私立たなか中学校は、頭部が魚の田中先生をはじめ、一癖も二癖もある人間や動物が通う、奇妙な学校だった・・・。

登場人物とキャラクター[編集]

2年生[編集]

江野 めだか(こうの めだか)
- 茂呂田かおる
主人公。医者の父の薦めでたなか中学校に転校し、通っている中学2年生。下宿している。田中先生や周囲のおかしな行動により顔色を悪くすることが多い。
10年後、就職先が見つからず止む無くたな中に養護教諭として就職してしまった。
ポチくん
声 - 青山穣
。涙もろくて、よく泣いている。字も満足に書けないのに、テストの成績は常にクラスで1番良い。
10年後は選挙に出馬する。
猫子さん(ねここさん)
声 - ゆかな
アユが飼っているペルシャ猫。ポチくんをライバル視している。田中先生の頭部を食べたがっている。
10年後には悠々自適生活しており、子供がたな中に通っている。
野々口 備悟(ののぐち びんご)
声 - 荻原秀樹
不良になりたいと思っているが実際には怪しい行動が目につく少年。授業中寝ていて田中先生によく怒られ(尻尾で殴られ)ている。校則で禁止されているが、飲食店のバイトをしている。
10年後は保育士見習いをしている。
ミサちゃん
声 - 西沢広香
5歳の幼女だが、入学試験に合格したらしく中学校に通っている。ツインテールと頭の両側で結んだリボンがトレードマーク。幼いので、異様なたな中の世界に疑問を抱いていない。好きな動物はウサギ。苗字は「しなの」。
10年後はエリートの女子高に進学している。

3年生[編集]

美浜 アユ(みはま アユ)
田中先生の大ファンであり、彼をキムタクに似てると思っている。ずっとたな中に居るらしく、自称15歳だが実際は年齢不詳(目じりと口元に小じわがある)。猫子さんの飼い主。田中先生ファンクラブの会長。
10年後には、田中と結婚している。
王様(おうさま)
お金が好きなオウサマペンギンで、名前も「オウサマペンギン」に由来する。稼いだお金で小鳥たちに家を作ってあげた事もある。また空を飛ぶという、ペンギンらしからぬ夢を持っている。飼い主の岸辺とは相性が悪い。
10年後は鳥インフルエンザにかかり、命を落とすものの、浅瀬先生の技術により人間に生まれ変わった。外見は子供だが、たな中の先生で会社経営もしている。
黒仏 ユウ(くろぼとけ ユウ)
あだ名は黒っち。イルカ先生の命を狙う死神。何故か、たな中に転校し田中先生とバンドを組んでいる。転校してまでイルカ先生を狙っていたが、結局殺さなかった。尚、遥か昔から存在しており、教科書に載っていた中世の宗教画にその姿が描かれていた(当時はアフロヘアーだった)。友人に貧乏神疫病神がいる。
作者が考えたキャラではなく、新キャラ募集で選ばれたキャラ。
流谷 魚子(るたに ななこ)
料理部部長。男気あふれる少女で魚料理をよく作る。イルカ先生に片想いしているが、浅瀬先生と結婚したために報われなかった。「りぼん」での新キャラ募集の際、例として登場したキャラが本編に採用された。
10年後は寿司職人(修業中)として働いている。
岸辺 貴志(きしべ たかし)
王様の飼い主。10月21日生まれ。よくみんなに名前も存在も忘れられている。写真を撮ってもちゃんと写ったためしがない。髪の毛が立っていて、王様に鳥の巣にされかけたこともある。また他の家族(両親と兄)も髪が立っている。めだかに恋をしていたが、結局報われなかった。
10年後は王様が経営する会社で働いている(本人はそれを知らない)。

1年生[編集]

速水 菜乃(はやみ なの)
動物が苦手な1年生の少女。特にポチくんを恐れており、逃げる場所がないと天井や壁を這う事も出来る。

教師[編集]

田中 有魚(たなか ゆうな)
声 - 一条和矢
校長兼2年生担任教師。頭が魚(メダカ)、体が人間の魚人。男性。
見た目もおかしいが性格もおかしく変な行動が目立つ。スルメが大好物で、スルメについての授業を無理やりしようとすることもある。水泳が得意だが、泳ぎ方もやはり変。地球半周程度なら1日で泳げるらしい。謎が多いが29歳らしい。少年時代は怪しい魚人なので、謎の機関に捕らわれデータを取られていたらしい。
10年後はアユと結婚し、「田中ノンフィッシュ」という息子を持つ。
浅瀬 涼子(あさせ りょうこ)
声 - 古原奈々
言動が恐ろしい保健の先生。自習の時に国語の授業の途中から急に「解剖します」と言った事もある。田中先生を実験動物程度にしか思っておらず、冷淡な態度で接する。終盤でイルカ先生と結婚し、「イルカ涼子」に。
少女時代に同級生にあげたバレンタインデーのチョコには放射性物質を混入したらしい(扉絵より)。
10年後はたな中を辞め、世界中の研究所を飛び回っている。
セヴァン・イルカ
3年生の担任教師。温厚な性格で天然。美青年だが、たまに頭が田中先生みたいにイルカになる。特に写真に撮られた際は、頭部が必ずイルカになっている。イルカの頭部と名前に似合わずカナヅチで、よく溺れて死にかけては、黒っちに命を狙われる。勘違いから浅瀬先生に恋をし、結婚した。

その他の学校の人々[編集]

Xロボ(えっくすロボ)
田中似(顔が魚)の守護神ロボット。胸に「守護神」の文字がある。田中先生と異なりマッチョである点が最大の違いである。インターネットの通信販売でも販売されている。
ブンちゃん
動物園のダチョウ。田中先生が子供の頃に飼っていた文鳥だと勘違いしたため、「ブンちゃん」と呼ばれている。
鈴木くん(すずきくん)
田中先生の学生時代の友人のタコ。浅瀬先生に食べられそうになる。

その他の人々[編集]

カナちゃん
めだかの前の学校の友人。とても優しいが、それ故に彼女に「たな中の奇怪な様子」を語ると心配するので、めだかは彼女に真実を語れない。
岸辺兄(きしべあに)
岸辺くんの兄。バンドマン。岸辺くん以上に髪の毛が立っている。何故か田中先生と戦っていることがある。
岸辺父(きしべちち)
岸辺くんの父。髪の毛が立っていて、人を刺して、返り血が出るほどの髪の毛は硬くて凶器。
ミサママ
ミサちゃんの母。とても優しい。
ケンちゃん
ミサちゃんの友達。ヒゲがついたウサギのぬいぐるみをミサちゃんにあげるが、ヒゲをむしり取られてしまう。
ポチくんのおじいちゃんおばあちゃん
ポチくんの飼い主。ポチくんは捨て犬だったのを拾ってきたらしい。最近、特におじいちゃんの物忘れが激しい。
田中ノンフィッシュ(たなか ノンフィッシュ)
10年後のアユ先輩と田中先生の間の子供。田中先生と同じ魚人で頭が魚。保健の先生をやっているめだかに惚れる。

書誌情報[編集]

オムニバス[編集]

単行本未収録[編集]

  • めだかの学校(『りぼん』1997年初夏のびっくり大増刊号)
  • めだかの学校(『りぼん』1997年秋のびっくり大増刊号)
  • めだかの学校(『りぼん』1998年早春のびっくり大増刊号)
  • めだかの学校(『りぼん』1998年春のびっくり大増刊号)
  • HIGH SCORE V.S. めだかの学校 4コマギャグ合戦!!(『りぼんオリジナル』1998年6月号)
  • めだかの学校 特別編(『りぼん』2000年早春のびっくり大増刊号)

OVA[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:森ゆきえ
  • 監督:高本宣弘
  • 脚本:丸尾みほ
  • アニメキャラクターデザイン:鈴木信一
  • 総作画監督:丸英男
  • 美術監督:柴田千佳子
  • 色彩設定:鈴城るみ子
  • 撮影監督:広川二三男
  • 編集:森田編集室
  • 音響監督:中川達人(TAB
  • プロデューサー:青木健
  • 製作:オフィス蒼

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ワンダフル!」
作詞:うずまきまさお、作曲・編曲:斉藤哲也、歌:西沢広香と森の住人たち
エンディングテーマ「空飛ぶペンギン」
作詞:うずまきまさお、作曲・編曲:田中ノブ、歌:原田奈美

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 津山ちなみHIGH SCORE』との合作。
  2. ^ 計6人の新人作家によるオムニバス。

出典[編集]