みなみのさんかく座ゼータ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みなみのさんかく座ζ星[1]
Zeta Trianguli Australis
星座 みなみのさんかく座
視等級 (V) 4.91[1]
分類 分光連星[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 16h 28m 28.14362s[1]
赤緯 (Dec, δ) -70° 05′ 03.8419″[1]
赤方偏移 0.000028[1]
視線速度 (Rv) 8.30km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 199.97 ミリ秒/年[1]
赤緯: 110.97 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 82.53 ± 0.52 ミリ秒[1]
距離 39.5 ± 0.25光年[注 1]
(12.12 ± 0.08パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 4.493[注 2]
物理的性質
スペクトル分類 F9V [1]
色指数 (B-V) +0.55[2]
色指数 (U-B) +0.04[2]
色指数 (R-I) +0.28[2]
年齢 6~9億年[3]
別名称
別名称
CD -69 1532[1]
CPD -69 2558[1]
FK5 610[1], HD 147584[1]
HIP 80686[1], HR 6098[1]
SAO 253554[1]
LTT 6558[1]
Template (ノート 解説) ■Project

みなみのさんかく座ζ星 (ζ Trianguli Australis, ζ TrA) は、みなみのさんかく座に位置する分光連星である。

連星系は、黄白色のF型主系列星と黄色のG型主系列星の2つの恒星からなる。互いの周りを13日ごとに公転しており、軌道離心率は0.014である[4]

天文学者のKen Croswellによれば、おおぐま座運動星団の一員であるとされる[5]。一方、それを否定する説もある[6]


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t SIMBAD Astronomical Database”. Results for zet TrA. 2017年4月16日閲覧。
  2. ^ a b c 輝星星表第5版
  3. ^ Mamajek, Eric E.; Hillenbrand, Lynne A. (November 2008). “Improved Age Estimation for Solar-Type Dwarfs Using Activity-Rotation Diagnostics”. The Astrophysical Journal 687 (2): 1264-1293. Bibcode 2008ApJ...687.1264M. doi:10.1086/591785. 
  4. ^ Skuljan, Jovan (2004), “Accurate orbital parameters for the bright southern spectroscopic binary ζ Trianguli Australis – an interesting case of a near-circular orbit”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 352: 975, Bibcode 2004MNRAS.352..975S, doi:10.1111/j.1365-2966.2004.07988.x. 
  5. ^ Croswell, Ken (2005). “Descendants of the Dipper”. Astronomy 33 (3): 40–45. ISSN 0091-6358. http://www.kencroswell.com/DescendantsOfTheDipper.html. 
  6. ^ Maldonado, J. et al. (October 2010), “A spectroscopy study of nearby late-type stars, possible members of stellar kinematic groups”, Astronomy and Astrophysics 521: A12, arXiv:1007.1132, Bibcode 2010A&A...521A..12M, doi:10.1051/0004-6361/201014948.