みずがめ座アルファ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みずがめ座α星[1]
Alpha Aquarii
仮符号・別名 サダルメリク[2],
Sadalmelik[3][4]
星座 みずがめ座
視等級 (V) 2.94[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 22h 05m 47.036s[1]
赤緯 (Dec, δ) -00° 19′ 11.46″[1]
赤方偏移 0.000023[1]
視線速度 (Rv) 6.85 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 18.25 ミリ秒/年[1]
赤緯: -9.39 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 6.23 ± 0.19 ミリ秒[1]
距離 523.27 ± 16.46 光年[注 1]
(160.51 ± 5.05 パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -3.088[注 2]
Aquarius IAU.svg
Cercle rouge 100%.svg
α星の位置
物理的性質
半径 77 ± 15 R[5]
質量 6.5 ± 0.3 M[6]
表面重力 57.5 cm/s2[6]
自転速度 7.9 ± 1.0 km/s[7]
スペクトル分類 G2 Ib [1]
光度 3,000 L[8]
表面温度 5,210 K[6]
色指数 (B-V) +0.98[9]
色指数 (U-B) +0.74[9]
色指数 (R-I) +0.49[9]
金属量[Fe/H] 0.03 dex[6]
年齢 5.3 ×107[6]
別名称
別名称
みずがめ座34番星[1]
BD -01 4246[1]
FK5 827[1], HD 209750[1]
HIP 109074[1], HR 8414[1]
SAO 145862[1]
■Project ■Template
CCDM J22058-0019B[10]
視等級 (V) 12.2[10]
位置
元期:J2000.0[10]
赤経 (RA, α) 22h 05m 51.773s[10]
赤緯 (Dec, δ) -00° 17′ 46.72″[10]
固有運動 (μ) 赤経: -6.7 ミリ秒/年[10]
赤緯: -7.4 ミリ秒/年[10]
地球から見た位置 (みずがめ座α星との関係)
位置角 40°[11]
角距離 110.0″[11]
別名称
別名称
UCAC2 31789179[10]
BUP 232B[10]
2MASS J22055176-0017468[10]
WDS J22058-0019B[10]
■Project ■Template

みずがめ座α星(α Aquarii, α Aqr)は、みずがめ座恒星で3等星。みずがめ座ではβ星に次ぎ2番目に明るい恒星である。

概要[編集]

みずがめ座α星は黄色超巨星で、CCDM J22058-0019B という「伴星」を持つ見かけの二重星である[12]

みずがめ座β星、ペガスス座ε星と同じ場所で同時期に生まれたものと考えられている[13]

チャンドラX線天文衛星による観測で、同じG型の主系列星では活発なコロナ活動によるX線が、みずがめ座α星では弱いことがわかっており、これはG型巨星と同じ傾向にある[14]

名称[編集]

固有名のサダルメリク[2] (Sadalmelik[3][4]) は、アラビア語で「王の幸運(の星)」という意味の saʿd al-malik に由来する[3]。2016年8月21日に国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、Sadalmelik をみずがめ座α星の固有名として正式に承認した[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r SIMBAD Astronomical Database”. Results for alf Aqr. 2015年10月4日閲覧。
  2. ^ a b 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、188頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  3. ^ a b c Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Pub. Corp.. p. 16. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  4. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年11月6日閲覧。
  5. ^ Nordgren, Tyler E; et al. (1999-12), Astronomical Journal 118 (6): 3032-3038, Bibcode 1999AJ....118.3032N, doi:10.1086/301114 
  6. ^ a b c d e Lyubimkov, Leonid S.; et al. (2010-02), “Accurate fundamental parameters for A-, F- and G-type Supergiants in the solar neighbourhood”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Observatory 402 (2): 1367-1379, Bibcode 2010MNRAS.402.1369L, doi:10.1111/j.1365-2966.2009.15979.x 
  7. ^ De Medeiros, J. R.; et al. (2002-11), “A catalog of rotational and radial velocities for evolved stars. II. Ib supergiant stars”, Astronomy and Astrophysics 395: 97-98, Bibcode 2002A&A...395...97D, doi:10.1051/0004-6361:20021214 
  8. ^ Jim Kaler. “Sadalmelik”. STARS. 2016年11月6日閲覧。
  9. ^ a b c 輝星星表第5版
  10. ^ a b c d e f g h i j k SIMBAD Astronomical Database”. Results for UCAC2 31789179. 2015年10月4日閲覧。
  11. ^ a b Entry 22058-0019, The Washington Double Star Catalog, アメリカ海軍天文台. 2008年の測定値 Accessed on line January 6, 2017.
  12. ^ Eggleton, P. P.; Tokovinin, A. A. (2008-09), “A catalogue of multiplicity among bright stellar systems”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Observatory 389 (2): 869-879, Bibcode 2008MNRAS.389..869E, doi:10.1111/j.1365-2966.2008.13596.x 
  13. ^ Jim Kaler. “Enif”. STARS. 2016年11月6日閲覧。
  14. ^ Ayres, Thomas R.; Brown, Alexander; Harper, Graham M. (2005-07), “Chandra Observations of Coronal Emission from the Early G Supergiants α and β Aquarii”, Astrophysical Journal Letters 627 (1): 53-56, Bibcode 2005ApJ...627L..53A, doi:10.1086/431977