まつだい「農舞台」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg まつだい「農舞台」
Matsudai Nohbutai
Matsudai Nohbutai.jpg
まつだい「農舞台」の位置(新潟県内)
まつだい「農舞台」
まつだい「農舞台」の位置
施設情報
正式名称 まつだい雪国農耕文化村センター「農舞台」
専門分野 現代美術
開館 2003年(平成15年)
所在地 942-1526
新潟県十日町市松代3743-1
位置 北緯37度7分54秒 東経138度36分54秒 / 北緯37.13167度 東経138.61500度 / 37.13167; 138.61500
プロジェクト:GLAM
まつだい雪国農耕文化村センター「農舞台」
情報
用途 美術館
設計者 MVRDV
施工 加賀田・武江特定共同企業体
階数 地上2階
竣工 2003年
テンプレートを表示

まつだい「農舞台」(まつだい「のうぶたい」)は、新潟県十日町市松代3743-1にある現代美術を収蔵した美術館郷土資料館。正式名称はまつだい雪国農耕文化村センター「農舞台」。2003年開催の第2回大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレに合わせて建設された。

概要[編集]

「都市と農村の交換」というテーマのもと、地域の資源を発掘し発信する総合文化施設。食、買い物、イベント、体験などのプログラムを通して、まつだいの雪国農耕文化を体感できる。 また、建物や部屋それ自体が、複数の作家がデザインしたアート作品になっており、館内を巡るだけで現代美術を体感できる。周辺に広がる里山には、草間彌生「花咲ける妻有」をはじめ、世界的なアーティストの作品が点在しており、里山の大地に映える色彩豊かな造形、現代アートの魅力を里山の四季と共に堪能できる。大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレのまつだい地区の拠点として多くの観光客を集めている。

併設施設[編集]

  • レストラン「越後まつだい里山食堂」
  • まつだい郷土資料館(館外敷地内)

開館情報[編集]

  • 開館時間:10:00-17:00
  • 休館日:水曜日
  • 入館料: 一般600円 小中学生300円

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]