ほぼ300

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ほぼ300
Meet the Spartans
監督 ジェイソン・フリードバーグ
アーロン・セルツァー
脚本 ジェイソン・フリードバーグ
アーロン・セルツァー
製作 ジェイソン・フリードバーグ
アーロン・セルツァー
ピーター・サフラン
製作総指揮 アーノン・ミルチャン
音楽 クリストファー・レナーツ
撮影 ショーン・マウラー
編集 ペック・プライアー
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年1月25日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $84,646,831[1]
テンプレートを表示

ほぼ300』(ほぼスリーハンドレッド、原題:Meet the Spartans)は、2008年アメリカ映画日本では劇場未公開でビデオソフトが発売されたのみ。

概要[編集]

通算3作目となるジェイソン・フリードバーグとアーロン・セルツァーのコンビのパロディ映画である。邦題にもなっている『300 〈スリーハンドレッド〉』をベースに、『スパイダーマン』、『シュレック』、『ハッピー フィート』、『アメリカンアイドル』などのパロディやブリトニー・スピアーズパリス・ヒルトンらへの弄りネタが詰め込まれている。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

評価[編集]

本作は同週公開の『ランボー/最後の戦場』を抑えて週末興行収入で一位になり[2]、商業的には成功作となった。一方批評面では、Rotten Tomatoesでわずか2%しか得ることができず[3]、さらに第29回ゴールデンラズベリー賞では『ディザスター・ムービー!おバカは地球を救う』とセットにされて5部門でノミネートされるという散々な評価を受けた。

脚注[編集]

  1. ^ Meet the Spartans (2008)”. Box Office Mojo. 2009年10月2日閲覧。
  2. ^ Weekend Box Office Result for January 25-27, 2008”. Box Office Mojo. 2009年10月2日閲覧。
  3. ^ Meet the Spartans (2008)”. Rotten Tomatoes. 2009年10月2日閲覧。

外部リンク[編集]