ひょうたんすずめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひょうたんすずめ
監督 横山隆一
ナレーター 川久保潔
音楽 宅孝二
撮影 小松義孝、岡田英美子、大久保宏
編集 同上
製作会社 おとぎプロダクション
配給 東宝
公開 日本の旗 1959年2月10日
上映時間 55分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ふくすけ
次作 おとぎの世界旅行
テンプレートを表示

ひょうたんすずめ』は、1959年2月10日東宝系で公開された劇場用アニメ映画である。上映時間は55分。

概要[編集]

1955年1月に設立し、試作品的短編アニメ『おんぶおばけ』を制作した後、1957年に短編『ふくすけ』を制作、同年10月29日に東宝系で公開された横山隆一主催のアニメプロ「おとぎプロダクション」は、新たに1時間程度の長編アニメを制作、23名と増員されたスタッフを投入し、15ヶ月をかけて本作を制作した。

物語は日本民話「不思議なひょうたん」からヒントを得たオリジナルで、『ふくすけ』に引き続きカエルを登場させている。ラストの「お化けひょうたん」からお化けがダンベエを襲うシーンは、後年スタジオ・ゼロのスタッフとなる鈴木伸一の作である。またスタッフの中には、後年虫プロダクションのスタッフになる山本暎一(当時:英一)も存在する。

だが、本作は東宝系公開ながらも、東宝は自社作品が一杯であり、児童向けの作品が無く、関西に至っては刑事映画『手錠をかけろ』(監督:日高繁明、主演:池部良)との2本立てで公開された。この東宝の不親切は、次作『おとぎの世界旅行』でも行われる事となる。

ストーリー[編集]

平和なカエルの国に、ある日、パチンコの得意な乱暴者のカエル・ダンベエが、息子のケロ八を連れてやって来た。やがてひょうたんの家に住んでいた「ひょうたんすずめ」も、ダンベエのパチンコに当たって怪我をした。通り掛ったゼンスケとピョン子親子に助けられ、看病されたものの、ひょうたんすずめは帰宅途中にダンベエに捕まり、見世物にされた。ゼンスケは助けようとしたが、ダンベエのパチンコがすずめに命中し、すずめは死んだ。ゼンスケ親子は墓を作って葬った。調子に乗ったダンベエ親子は、カエルの国に君臨し、ますます悪さをする様となった。

それから数日後、ゼンスケ親子が墓参りをすると、墓から木が伸び、大きなひょうたんがなった。早速そのひょうたんをもいで帰宅し、ひょうたんを振ると、中から米が一杯出て来た。その事を知ったダンベエは、ある夜ひょうたんを盗むが、いくら振っても米は出ず、ひょうたんは手から離れて、ゼンスケの元へ戻った。治まらないダンベエは、別のすずめを殺して土に埋めた。やがて木が伸びるが、トゲだらけの不気味なひょうたん「お化けひょうたん」がなった。そしてお化けひょうたんの中から、気味の悪いお化けが現れ、ダンベエ親子を襲った。このお化けに散々な目にあわされたダンベエ親子は、カエルの国から逃げ出した。

ナレーター[編集]

スタッフ[編集]

同時上映[編集]

女ごころ

若旦那大いに頑張る

参考文献[編集]

  • 「日本アニメーション映画史」(有文社)1978年 80頁・81頁・98頁・252頁・257頁・258頁
  • 「東宝映画ポスターギャラリー」(東宝)59頁(本末)