でら名古屋プロレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

でら名古屋プロレス(でらなごやプロレス)は、愛知県名古屋市を中心に活動するプロレス団体

歴史[編集]

2008年
2009年
  • 4月3日、代表の渋谷雅人が愛知県警察津島警察署に大麻取締法違反で現行犯逮捕された。
  • 4月6日、代表の渋谷が逮捕されたことを受けて解散することを発表。
  • 7月26日、中村スポーツセンターで開催する予定だった旗揚げ1周年記念大会を中止して入場無料のラスト興行を開催して解散。
  • 7月27日、元所属選手の高井憲吾入江茂弘、宮本武士、笠木峻がプロレスリング・チームでらを設立することを発表。

所属選手[編集]

キャッチフレーズは「プロレス界のIT革命児」。現場監督を務めていた。
キャッチフレーズは「三重の熱血泣き虫コーチ」。コーチを努めていた。
キャッチフレーズは「ガッチリボーイ」。
  • 宮本武士
キャッチフレーズは「戦う花屋」。普段は花屋に勤務している。
  • 笠木峻
キャッチフレーズは「現役高校生ファイター」。普段は高校に通っている。
  • 榊原渉
キャッチフレーズは「三河のプロレス王子」。2008年12月27日引退。
  • SHIGERU
キャッチフレーズは「名古屋のラストサムライ」。2008年のハウスショーで膝前十字靱帯を断裂して長期欠場。2009年7月26日のラスト興行で5分間のエキシビジョンマッチを行った(相手は笠木)。