つる座ガンマ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つる座γ星[1]
Gamma Gruis
仮符号・別名 アルダナブ[2]
(Aldhanab[3])
星座 つる座
視等級 (V) 3.01[1]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α) 21h 53m 55.72620s[1]
赤緯 (Dec, δ) -37° 21′ 53.4790″[1]
赤方偏移 0.000000[1]
視線速度 (Rv) 0.10km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 98.07 ミリ秒/年[1]
赤緯: -13.22 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 15.45 ± 0.67ミリ秒[1]
距離 211 ± 9.57光年[注 1]
(64.72 ± 2.93パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) -1.045[注 2]
Grus constellation map.png
Cercle rouge 100%.svg
γ星の位置
物理的性質
スペクトル分類 B8III [1]
色指数 (B-V) -0.12[4]
色指数 (U-B) -0.37[4]
色指数 (R-I) -0.06[4]
別名称
別名称
CD -37 14536[1],
FK5 822[1],
HD 207971[1],
HIP 108085[1],
HR 8353[1],
SAO 213374[1]
Template (ノート 解説) ■Project

つる座γ星(つるざガンマせい、γ Gru / γ Gruis)は、つる座の3等星である。この星は青色巨星で、光度は太陽の210倍近い。元々、クラウディオス・プトレマイオスみなみのうお座の一部としていた。

名称[編集]

アラビア語で「尾」を意味するアルダナブ[2] (Aldhanab[3]) という固有名を持つ。これはかつて、みなみのうお座の尾に当たる部分にあったことによる[5]。2017年9月5日、国際天文学連合の恒星の命名に関するワーキンググループ (Working Group on Star Names, WGSN) は、つる座γ星の固有名として、Aldhanab を正式に承認した[3]

古代中国では、敗臼一という名前で知られていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Results for gam Gru”. SIMBAD Astronomical Database. Centre de Données astronomiques de Strasbourg. 2017年10月25日閲覧。
  2. ^ a b 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 恒星社厚生閣2007年2月28日、新装改訂版第4刷、189-190頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  3. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合 (2017年10月23日). 2017年10月23日閲覧。
  4. ^ a b c 輝星星表第5版
  5. ^ Richard H. Allen (2013-02-28). Star Names: Their Lore and Meaning. Courier Corporation. p. 238. ISBN 978-0-486-13766-7. https://books.google.com/books?id=vWDsybJzz7IC.