たくまる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たくまる
Takumaru.jpg
プロフィール画像
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP GameMusic vocaloid
活動期間 1992-
レーベル Native Sense
公式サイト http://takumaru.jp

たくまるは、日本作曲家編曲家山口県宇部市出身、在住。

チュンソフト所属。

来歴[編集]

山口県宇部市生まれ。

小学生の頃からエレクトーンを習う傍らパソコンオーディオ機器、シンセサイザーに興味を持ち、大人になったらそれらを全部使える仕事につきたいと思っていたが、ゲーム会社に入れば全部出来る!と思いつきゲーム業界への道を目指す。

18歳で上京し、株式会社チュンソフトに入社。

スーパーファミコン用ソフト『トルネコの大冒険』のサウンドプログラマーとして、キャリアをスタートする。

かまいたちの夜』で作曲家としてデビュー。

ゲーム開発中当時は19歳だったこともあり、我孫子武丸氏に「若干19歳でかまいたちのテーマ曲を書いた」と雑誌などで紹介されたが、実際のタイトル画面等で使用されているテーマ曲は中島康二郎氏によるものである。

この事は本人も密かに気にしているらしい。

チュンソフトに7年勤務した後、独立してフリーランスの作曲家となった後は、PCゲームを中心に数多くの作品で音楽制作を手がける傍ら、数多くの同人音楽サークルへのゲスト参加の他、自サークルNative Senseでの同人音楽活動も行っている。

代表作『かまいたちの夜』『街』(共にチュンソフト)などの作品で知られるほか、商業と同人の両面で片霧烈火とは多面的な制作を続けている。

また、自他ともに認める男性ボーイズラブファンである。

ボーイズラブゲームが作りたくてチュンソフトを退職した、と時折Twitterなどでも呟いている氏にとって、初のボーイズラブゲームの仕事となった『神無ノ鳥』は悲願の作品でもあり、同作では主題歌音楽のみならず演出も手がけている。

テレビアニメCLANNAD』のエンディングテーマだんご大家族」では、自身初となるテレビアニメの主題歌の編曲およびコーラスを担当した。

同曲のボーカルを担当している茶太とはパソコン通信NiftyServe)時代からの友人である。

Native Sense[編集]

Native Sense(ネイティブセンス)とは、2003年に結成された日本の音系同人サークルである。

活動初期は作曲、ボーカル、エンジニアリング等、楽曲製作に於けるほとんどの作業をたくまるが行い、オリジナルの楽曲を制作していたが、他サークルへの編曲での参加や、片霧烈火への楽曲提供、S-hybridのsawamurahと合同でのCD製作などその活動の幅を広げていった。

しかし2005年に入ると同人活動を休止することを、自身ブログ内の11月17日の日記で宣言した。

その後、2010年より同人活動を再開し、現在はインディーズレーベルとして同人音楽以外の音楽活動も多角的に展開している。

作品[編集]

ゲーム作品ボーカル[編集]

  • マリッジ☆KICK (2007年『 新婚さん ~Sweet Sweet honeymoon~』BaseSon SPICE*制作)
  • ホスト☆聖夜(2007年『長靴をはいたデコ』Lost Script製作。CHERRY PINK BOYS名義)
  • ドンペリ・ロマンティック (2007年『長靴をはいたデコ』Lost Script製作。CHERRY PINK BOYS名義)

楽曲[編集]

外部リンク[編集]