さらに演歌を見つめて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さらに演歌を見つめて
春日八郎スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル 演歌
レーベル キングレコード
春日八郎 年表
春日八郎の大阪情緒
(1975年)
さらに演歌を見つめて
(1976年)
春日八郎リサイタル さらに演歌を見つめて
(1976年)
テンプレートを表示

さらに演歌を見つめて」(さらにえんかをみつめて)は、1976年にリリースされた春日八郎のアルバム。「春日八郎オリジナル」というサブタイトルが付いており、全12曲それぞれにテーマがある。

収録曲[編集]

全12曲 作詞:横井弘

第1面[編集]

  1. 人生浪花節(演歌)
  2. 爪のあと(怨歌)
    • 作曲・編曲:三木たかし
  3. 花の同期生(園歌)
  4. 古都(婉歌)
    • 作曲:桜田誠一/編曲:高田弘
  5. 浮草情話(艶歌)
    • 作曲:三木たかし/編曲:小杉仁三
  6. 燃えろ夕陽(炎歌)
    • 作曲:桜田誠一/編曲:高田弘

第2面[編集]

  1. 倖せごっこ(縁歌)
  2. 恋なんてきらいさ(厭歌)
    • 作曲・編曲:三木たかし
  3. 故郷ってなんだろう(遠歌)
    • 作曲:桜田誠一/編曲:竹村次郎
  4. 占い小唄(宴歌)
    • 作曲:三木たかし/編曲:小杉仁三
  5. 淋しくないかい(煙歌)
    • 作曲:桜田誠一/編曲:高田弘
  6. 男の道(援歌)
    • 作曲:三木たかし/編曲:小杉仁三