こと座イータ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
こと座20番星から転送)
Jump to navigation Jump to search
こと座η星
η Lyrae
仮符号・別名 アラドファル
星座 こと座
視等級 (V) 4.398[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 19h 13m 45.4872598429s[1]
赤緯 (Dec, δ) +39° 08′ 45.431651491″[1]
視線速度 (Rv) -8.8 ± 0.9 km/s[2]
固有運動 (μ) 赤経: -0.595 ミリ秒/[1]
赤緯: 1.537 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 3.8025 ± 0.2562ミリ秒[2]
(誤差6.7%)
距離 860 ± 60 光年[注 1]
(260 ± 20 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) -2.7[注 2]
Lyra constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
η星の位置
物理的性質
半径 9.5 R[3]
質量 7.9 M[3]
表面重力 2.4 G[3][注 3]
自転速度 10 km/s[4]
スペクトル分類 B2.5 IV[5]
光度 6,605 L[2]
表面温度 17,360 K[3]
色指数 (B-V) -0.15[5]
色指数 (U-B) -0.65[5]
色指数 (R-I) -0.15[5]
金属量[Fe/H] -0.01[3]
年齢 3.81 ×107[3]
軌道要素と性質
離心率 (e) 0.53[6]
公転周期 (P) 56.4 [6]
別名称
別名称
こと座20番星[1]
BD+38 3490[1]
Gaia DR2 2099679223187100800[1]
HD 180163[1]
HIP 94481[1]
HR 7298[1]
SAO 68010[1]
Template (ノート 解説) ■Project

こと座η星(η Lyrae、η Lyr)は、こと座の4等星。

概要[編集]

こと座η星は、三重星として知られ、最も明るくB型準巨星の4等星がA星、東に28ほど離れた位置にあるBD+38 3491がB星、更に南南東に160秒ほど離れた位置にある11等星がC星として、重星カタログに収録されている[7]。これら3つの恒星は連星系を成しておらず、見かけの重星だと考えられている[8]

主星のη星Aは、分光連星であることが知られている[6]視線速度の時間変化から、公転の周期と離心率が求められているが、詳細についてはわかっていない。

名称[編集]

アラビア語で「(鷲の)鉤爪」を意味するالأظفرal-’uz̧fur)に由来するアラドファル[9] (Aladfar[10]) という固有名を持つ。この名前はμ星の名前と混同されたものと考えられている[10][11]。IAUが恒星の固有名を正式に定めるため2016年に立ち上げたワーキンググループ (WGSN) [12]は、2017年9月5日、こと座η星Aの固有名をAladfarと定めた[13]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記
  3. ^ 出典での表記は、

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l eta Lyr -- Spectroscopic binary”. SIMBAD. CDS. 2018年7月14日閲覧。
  2. ^ a b c Anderson, E.; Francis, Ch. (2012-05). “XHIP: An extended hipparcos compilation”. Astronomy Letters 38 (5): 331-346. arXiv:1108.4971. Bibcode 2012AstL...38..331A. doi:10.1134/S1063773712050015. ISSN 1063-7737. 
  3. ^ a b c d e f Gies, Douglas R.; Lambert, David L. (1992-03-10). “Carbon, nitrogen, and oxygen abundances in early B-type stars”. Astrophysical Journal 387 (1): 673-700. Bibcode 1992ApJ...387..673G. doi:10.1086/171116. ISSN 0004-637X. 
  4. ^ Abt, Helmut A.; Boonyarak, Chayan (2004-11). “Tidal Effects in Binaries of Various Periods”. Astrophysical Journal 616 (1): 562-566. Bibcode 2004ApJ...616..562A. doi:10.1086/423795. 
  5. ^ a b c d Hoffleit, D.; Warren, W. H., Jr. (1995-11). “Bright Star Catalogue, 5th Revised Ed.”. VizieR On-line Data Catalog: V/50. Bibcode 1995yCat.5050....0H. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ5b4948b393eb&-out.add=.&-source=V/50/catalog&recno=7298. 
  6. ^ a b c Abt, Helmut A.; Levy, Saul G. (1978-02). “Binaries among B2-B5 IV, V absorption and emission stars”. Astrophysical Journal Supplement Series 36: 241-258. Bibcode 1978ApJS...36..241A. doi:10.1086/190498. ISSN 0067-0049. 
  7. ^ Mason, B. D.; Wycoff, G. L.; Hartkopf, W. I.; Douglass, G. G.; Worley, C. E. (2017-11). “The Washington Visual Double Star Catalog”. VizieR On-line Data Catalog: B/wds. Bibcode 2017yCat....102026M. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-S?WDS%20J19138%2b3909A. 
  8. ^ Pourbaix, D. et al. (2004). “SB9: The ninth catalogue of spectroscopic binary orbits”. Astronomy & Astrophysics 424 (2): 727-732. Bibcode 2004A&A...424..727P. doi:10.1051/0004-6361:20041213. ISSN 0004-6361. 
  9. ^ 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、164頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  10. ^ a b Jim Kaler. “Aladfar”. STARS. 2018年1月28日閲覧。
  11. ^ Richard Hinkley Allen. “Lyra, the Lyre or Harp,”. Star Names - Their Lore and Meaning. 2018年1月28日閲覧。
  12. ^ Division C WG Star Names”. IAU. 2018年1月24日閲覧。
  13. ^ Naming Stars”. IAU. 2018年1月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]