いなせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

いなせとは、江戸における美意識(観念)のひとつであった。

概要[編集]

「いなせ」は「いき」とともによく用いられるが、これは江戸後期に流行した「鯔背銀杏」という髪型に由来する[1]魚河岸などの江戸職人や侠客など、履いた鼻緒の長い鯔背足駄とともに、短気で喧嘩早い若者が好んで使った。三遊亭圓朝の落語『塩原多助一代記』では「刺繡(ほりもの)だらけの鯔背な哥々(あにい)が」と表したように、いなせはいきとともに江戸市中の気っ風(きっぷ)[2]を表した言葉として定着した。

遊船唄の『佃節』では「いきな深川、いなせな神田、人の悪いは麹町」と唄われている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 辞林 第三版『鯔背』
  2. ^ 気風から転じて、「いき」な風情の場合に「気っ風がいい」と言った。したがって「気っ風が悪い」とは用いられない。