あるぴじ学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あるぴじ学園
対応機種 Windows 2000/XP/Vista/7[1]
開発元 CIRCUS[1]
発売元 CIRCUS[1]
キャラクターデザイン 秋蕎麦、他[1]
シナリオ ごとうしん、他[1]
ジャンル 学園恋愛あるぴじ[1]
発売日 2010年6月25日[1]
価格 8,800円(税別)[1]
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可[1]
メディア DVD[1]
ディスクレス起動 不可[1]
画面サイズ 1024×768[1]
BGMフォーマット PCM[1]
キャラクターボイス あり[1]
CGモード あり[1]
音楽モード あり[1]
回想モード あり[1]
メッセージスキップ あり[1]
オートモード あり[1]

あるぴじ学園』(あるぴじがくえん)は2010年6月25日CIRCUSより発売された18禁恋愛アドベンチャーゲームである。

またバージョンアップ製品である「あるぴじ学園1.5」が2010年11月26日に[2]、続編である「A.G.II.D.C. 〜あるぴじ学園2.0 サーカス史上最大の危機!?〜」が2011年5月27日に発売された[3]

概要[編集]

(出典:[4]

本作は『まじかるぼっくす2009 祭冬一番』に付属した『あるぴじダイスき!』というゲームが元になっている。過去にCIRCUSでRPGを出した際に、「アダルトゲームに本格的なRPGは要らない」という結論に達した。そのために本作も『あるぴじダイスき!』も、サイコロを用いるシンプルなRPGとなっている。両作ともに「あるぴじ」という表現が使われているのは、RPGはあくまでアダルトゲームを盛り上げるためで本格的なものではないからである。

シナリオには、地の文が存在せず会話文だけで進むという特徴がある。学園の生徒を主人公を含めて4人としたことで、会話文だけでも人物の把握が可能となった。

本作には敵キャラとして萌えモンが登場する。この萌えモンに対して、賞金付きのデザインコンテストが行われた。賞金の総額は200万円と高額であり、539作品の応募があった[5]。大賞を取った作品は、副賞としてゲーム内に登場した[5]

内容[編集]

ゲームシステム[編集]

(出典:[1][6]

本作には日常パートの他に、すごろく式のダンジョン探索パートがある。サイコロを振ってダンジョンの奥へと進んでいき、止まったマスでイベントが起きるというシステムになっている。マスに止まった際に萌えモンという敵が出現すれば、戦闘をすることになる。萌えモンは捕獲することができ、その際にもサイコロを使用する。

ストーリー[編集]

(出典:[1][6]

1000年前に伝説の勇者が魔王を倒し、平和になった世界が舞台。主人公・鬼武郁海は、進学校として有名なエリート学園の入試を受けに、会場までやってくる。筆記試験が始まるかと思いきや、ダンジョン探索を命じられ、疑念を抱きつつも優秀な成績を残し、試験に合格する。しかしエリート学園に入学したはずが、郁海が入った学園は廃校寸前の勇者学園だった。全校生徒はわずかに4人というこの学園で、郁海は学園再建の騒動に巻き込まれていく。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

鬼武 郁海(おにたけ いくみ)[1][6]
身長:158cm 体重:48kg[4]
本作の主人公。魔王の血を引いており、42代目の子孫である。体格は小柄で、戦う力も弱い。しかし体はとても頑丈で、剣や銃で傷つけられても耐えられるほど。流されやすい性格なため、学園の再建運動に付き合わされてしまう。
柊 茉莉(ひいらぎ まつり)[6]
声 - nazuna米[7]
身長:162cm 体重:52kg B/W/H 89/55/86[4]
伝説の勇者と共に戦った剣士の子孫。勇者学園の2年生であり、生徒会長を務めている。可愛いものが大好きであり、母性本能をくすぐる郁海を溺愛している。
ステラ・フィッツジェラルド[6]
声 - 民安ともえ[7]
身長:145cm 体重:37kg B/W/H 70/53/72[4]
伝説の勇者の44代目の子孫。勇者学園の3年生であり、学園長を務めている。体は小さいが態度はでかい。勇者学園の再建のために、様々な手を用いてお金を稼いでいる。
日下部 日向(くさかべ ひなた)[1][6]
声 - 桜ちとせ[7]
身長:156cm 体重:42kg B/W/H 82/57/85[4]
郁海の幼なじみ。伝説の勇者と共に戦っていたモンスターテイマーの子孫である。膨大な知識を有しており、扱いやすい魔法と仲間にしたモンスターで戦うスタイル。

サブキャラクター[編集]

ヒルデ[1]
声 - 佐々留美子[7]
身長:153cm 体重:40kg[8]
エリート学園の1年生[7]。郁海と同じく魔王の血を引いている。郁海のいとこにあたり、彼のことを「お兄ちゃん」と呼んで慕っている。郁海とは違って魔王の血が濃く、戦闘能力と魔力が高い。魔王の子孫であるが勇者に憧れており、勇者学園にある「勇者の剣」に並々ならぬ興味を持っている。エッチな話を聞くと顔を赤くして倒れてしまう[8]
ひかり[7]
声 - まきいづみ
身長:165cm B/W/H 87/56/86
過去の勇者に剣を与えた女神。酒とセクハラが大好き。
魔王[7]
声 - まきいづみ
身長:165cm B/W/H 83/55/85
伝説の勇者と戦った初代魔王で、郁海・ヒルデのご先祖様。現在は超インドア派。引きこもって読書をしている。
 ???[9]
声 - 夏目海
「伝説の勇者」を自称する謎の男性。
チン・ピラー[9]
声 - あさぎ夕
エリート学園の教師。魔王を崇拝している。「勇者」である郁海達の前にしばしば立ちはだかる。

用語[編集]

勇者学園[6][8]
1000年前に魔王を倒した伝説の勇者が設立した学園。魔王を倒して平和をもたらした勇者が、第二・第三の魔王の登場に備えて、勇者を育成するために設立した。校舎は魔王の城をリサイクルして作られており、敷地内には当時の遺物が残されている。
設立の目的から、学問よりも戦術・魔法を教えることに力を入れている。そのために平和な現代では人気がない。年々生徒数が減少した結果、今は一桁しか生徒がいない。
エリート学園[6]
魔王を称える部下が設立した学園。戦術よりも学問に力を入れる進学校である。

スタッフ[編集]

(出典:[10]

主題歌[編集]

(出典:[11][12]

  • オープニングテーマ『あ・る・ぴ・じ♪
    • 歌:nazuna米、作詞:nazuna、作曲・編曲:キャサリン
  • 挿入歌『READY…GO!
    • 歌:Phrenia、作詞:華月嵐、作曲・編曲:Corey&Carter
  • 挿入歌『MOE MON THE WORLD!!
    • 歌:桜ちとせ、作詞:S-Prism、作曲・編曲:洞澤徹
  • エンディングテーマ『Going my way☆
    • 歌:nazuna米、作詞:nazuna、作曲・編曲:細井聡司(hosplug)
  • グランドエンディングテーマ『micro
    • 歌:NOXAH、作詞・作曲:HIROHIDE、編曲:Corey&Carter

上記の楽曲すべてが『あるぴじ学園 ボーカルアルバム』に収録されている。

関連商品[編集]

CD[編集]

本CDにはHiBiKi Radio Stationで放送されていたラジオ番組・『ひなたまつり』も収録されている。

ラジオ番組[編集]

2010年4月1日から10月28日まで、HiBiKi Radio Stationで『あるぴじ学園 ひなたまつり』、11月4日からは『あるぴじ学園 まつりの夜の小夜曲』に改題して2011年5月26日まで配信されていた。毎週木曜日配信。

パーソナリティ
  • あるぴじ学園 ひなたまつり
    • nazuna米(柊茉莉 役)
    • 桜ちとせ(日下部日向 役)
  • あるぴじ学園 まつりの夜の小夜曲

出典[編集]

[ヘルプ]

18歳未満閲覧禁止のサイトを含む

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x PUSH!! 2010年6月号 pp. 58-59
  2. ^ 2010年11月の発売予定”. Game-Style. 2014年4月29日閲覧。
  3. ^ 2011年5月の発売予定”. Game-Style. 2014年4月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e コンプティーク 2010年4月号 pp. 22-25
  5. ^ a b 萌えモン大賞”. CIRCUS. 2014年5月3日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h PUSH!! 2010年5月号 pp. 62-63
  7. ^ a b c d e f g コンプティーク 2010年6月号 pp. 28-29
  8. ^ a b c コンプティーク 2010年5月号 pp. 36-39
  9. ^ a b Sub Character”. CIRCUS. 2014年4月29日閲覧。
  10. ^ 製品情報”. CIRCUS. 2014年4月29日閲覧。
  11. ^ a b あるぴじ学園ボーカルアルバム”. PB2. 2014年4月29日閲覧。
  12. ^ a b あるぴじ学園ボーカルアルバム”. CIRCUS. 2014年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]