あぶくま親水公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
10月末の親水公園

あぶくま親水公園(あぶくましんすいこうえん)は、福島県福島市内の阿武隈川河川敷にある、オオハクチョウコハクチョウを間近に観察できる施設である。

概要[編集]

1990年平成2年)に、当時の福島工事事務所が、福島市、日本野鳥の会福島支部などとともに、国道115号文知摺橋上流、福島県道309号岡部渡利線沿いの阿武隈川右岸の河川敷に設置した。

日本野鳥の会により公園内で餌付けが行われ、例年10月下旬から3月下旬まで白鳥の観察や餌付け体験ができるが、2008年度は鳥インフルエンザの影響で、餌付けが禁止された。4月は近くにある花見山公園の一般車両の臨時駐車場となり、花見山まではシャトルバス(往復300円)が運行される。

福島県道309号を挟んで向かい側の山林は福島市小鳥の森として整備され、周辺一帯が野鳥と触れ合えるエリアになっている。

施設[編集]

  • 親水護岸(白鳥桟橋)、駐車場トイレ
  • スワンハウス:日本野鳥の会の現地事務所。10月から翌年の3月まで設営。
  • おかべ水辺のふれあい館:白鳥の生態や阿武隈川の自然、福島市の観光スポットを紹介するパネルを展示(入場無料)

白鳥とのふれあいかた[編集]

  • 観察と餌付け:白鳥桟橋で白鳥を観察したり、持参したパンを白鳥にやることができる。
  • 餌の寄附:スワンハウスで白鳥の餌となるパンや米の寄附を受け付けている。
  • 白鳥の里親:福島市で実施している制度。スワンハウスで受け付ける。

関連項目[編集]

  • ハクチョウ
  • 花見山公園 - 当公園の駐車場が観光シーズン時の一般客駐車場として利用され、離接するヘルシーランド福島北側広場よりシャトルバスが発着する。

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度45分49.0秒 東経140度29分25.7秒