ג

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
ヘブライ文字
Hebrew letter gimel.png
基本字母

אבגדהוזחטיכ
למנסעפצקרשת

語末形

ךםןףץ

ג(ギメル、ヘブライ語: גימ״ל‎, גִּימֶל‎ gimmel)はヘブライ文字の3番目の文字。ヘブライ数字の数価は3。

アラビア文字جギリシャ文字Γキリル文字Гラテン文字CあるいはGに対応する。

音声[編集]

有声軟口蓋破裂音/ɡ/を表す。ヘブライ語のティベリア式発音では破裂音の/ɡ/と摩擦音の/ɣ/の2種類の発音があり、破裂音であることを表すためにダゲシュ記号を加えて「גּ‎」と書いた。本来、母音に後続する位置で、重子音でない場合に摩擦音で発音された。しかし現代ヘブライ語では常に破裂音で発音される。

現代ヘブライ語で主に外来語に使用する有声後部歯茎破擦音/dʒ/は「ג׳‎」と表記される。

起源[編集]

ラクダヘブライ語: גמל gamal)を描いた文字に由来すると言われるが、実際には原カナン文字フェニキア文字以来2つの線が頂点で接した単純で幾何学的な形(Phoenician gimel.png)をしており、ラクダには見えない。サンブソンはラクダのこぶを様式化して表したものと考えている[1]。一方ウィリアム・オルブライトはこの文字が投げ棒を表していると考えた[2]

脚注[編集]

  1. ^ Geoffrey Sampson (1985). Writing Systems. Stanford University Press. pp. 80-81. ISBN 0804717567 
  2. ^ Joseph Naveh (1987) [1982]. Early History of the Alphabet (2nd ed.). Hebrew University. p. 25. ISBN 9652234362