Լ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Լとլ
Լとլの様々な書体

Լ, լアルメニア語: լյունまたはլիւն、発音はliunまたはlün)は、アルメニア文字の12番目の文字である。405年ごろにメスロプ・マシュトツによって作成されたと見られる。

使用[編集]

東アルメニア語西アルメニア語では有声歯茎側面接近音[l]を表す。記数法では30を表す。東アルメニア語のラテン文字転写では「L」と記す[1]

アルメニア語の動詞の原形は必ずこの文字で終わる[1]

書体[編集]

符号位置[編集]

文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Լ U+053C - Լ
Լ
լ U+056C - լ
լ

脚注[編集]

  1. ^ a b 吉村貴之 『平成25年度言語研修アルメニア語(東)研修テキスト1 東アルメニア語文法Ⅰ』東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、2013年、1,7頁。doi:10.15026/95079ISBN 9784863371385NCID BB17916845https://hdl.handle.net/10108/950792022年1月10日閲覧