Ֆ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Ֆとֆ
Ֆとֆの様々な書体

Ֆ, ֆアルメニア語: ֆեまたはֆէ、発音はfe)は、アルメニア文字の伝統アルファベットで38番目(最後)の文字(アルメニア共和国正書法では39番目)である。1037年に「Մուֆարզինն」という単語で初めて出現した文字である[1]

使用[編集]

現代の東アルメニア語西アルメニア語では無声唇歯摩擦音[f]を表す(アルメニア文字が発明された時期にこの発音はなかった)。ラテン文字化する時は「F」と記す[2]

書体[編集]

符号位置[編集]

文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ֆ U+0556 - Ֆ
Ֆ
ֆ U+0586 - ֆ
ֆ

脚注[編集]

  1. ^ С. Гюлбудагян. (1986). Орфография. 12 (Армянская советская энциклопедия ed.). Ер.. p. 242 
  2. ^ 吉村貴之 『平成25年度言語研修アルメニア語(東)研修テキスト1 東アルメニア語文法Ⅰ』東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、2013年、2頁。doi:10.15026/95079ISBN 9784863371385NCID BB17916845https://hdl.handle.net/10108/950792022年1月10日閲覧